世界初*1インテリジェント高速道路*2ルート走行(3D高精度地図データ搭載)
プロパイロット 2.0*3グレード別設定

高速道路のナビ連動ルート走行と同一車線でのハンズオフ機能を同時採用。
最先端の技術を乗りこなす新しいドライビングプレジャーが生まれます。
高速道路上の走行を、ナビ連動で広くサポート。
ナビ連動ルート走行中の車線変更と分岐の支援機能
ルート走行を開始すると、追い越しや分岐なども含めてシステムがルート上にある高速道路の出口までの走行を支援します。
追い越し時の車線変更の支援機能
前方に設定速度よりも遅いクルマがいた場合、システムがドライバーに車線変更を提案。ドライバーがハンドルに手を添え、スイッチ操作で承認すると追い越しを開始します。
また、任意での車線変更も、ハンドルに手を添え、ウインカーを操作するだけで可能です。
同一車線内でのハンズオフ機能
高速道路*2の本線走行中、ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ、直ちにハンドル操作できる状況にある限りにおいて、同一車線内でハンズオフが可能です。
機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
■運転支援システムは、ドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突回避や、障害物の検知・警報、運転支援するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。■天候や道路状況などのさまざまな条件により適切に作動しない場合があります。■ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。■プロパイロット 2.0は、自動で運転する装置ではありません。ドライバーは周囲の状況や車両の動作に常に注意し、確実にハンドル、ブレーキ、アクセルを操作し、安全な運転を行う責任があります。また、プロパイロット 2.0は、側方にいる車両には反応しません。合流部、カーブを走行するとき、また大型車両が隣の車線を走行しているときは特に周辺車両に注意し、必要に応じてハンドル操作をしてください。ドライバーが常に前方に注意して、道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状況にある限りにおいて、同一車線内でハンズオフが可能となる運転支援システムです。対面通行路・トンネル内、カーブ路、料金所・合流地点およびその手前などではハンズオフできません。ハンズオフができない区間に入るときにはシステムが事前にドライバーに通知するので、ドライバーはハンドル操作をする必要があります。プロパイロット 2.0の操作方法や重要な注意事項などが記載されておりますので、ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。
ナビゲーションシステムで目的地を設定し、高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始。
車線変更をともなう追い越しや分岐なども含めて、システムがルート上にある高速道路出口までの走行を支援する。
さらに、状況に応じて同一車線内でのハンズオフ(ステアリングから手を離すこと)も可能にしている。
正確で安全な走行へ。プロパイロット 2.0を支える最新テクノロジー。
最新テクノロジー 1 : 360度センシング
検知角度の異なるフロントの3眼カメラを含む7個のカメラの映像、5個のレーダー、12個のソナーで、道路の白線、標識、周辺車両を検知します。
最新テクノロジー 2 : 3D高精度地図データ
ルート情報に加えて、高速道路の路面の傾斜やラインの色などさまざまな道路情報をデータ化。360度センシングの情報と組み合わせることで、まるでレールに乗っているかのように正確で安心感の高い走行を可能にしています。
最新テクノロジー 3 : インテリジェントインターフェース
アドバンスドドライブアシストディスプレイ(7インチ)
360度センシングの情報やプロパイロット 2.0の作動状態、車線変更の提案やハンズオフの可否など、さまざまな情報を分かりやすく表示します。
カラーヘッドアップディスプレイ
プロパイロット 2.0の運転情報を投影。前方視界からの少ない視線移動での確認を可能にして、安全運転に貢献します。
ドライバーモニター
インパネ上部の赤外線カメラでドライバーの顔の向きや目の開閉状態を検出。前方を注視していないと判断した場合に警報を発する。反応がない場合は、減速~停止し、「プロパイロット 2.0緊急停止支援システム(SOSコール機能付)」で、緊急通報センターに音声接続し、必要に応じて緊急車両が駆けつける。
※NissanConnectの加入が必要です。
プロパイロット 2.0のルート設定&操作方法
ナビゲーションでルート設定
出発地点の高速道路入り口と、目的地の高速道路出口を設定します。
ステアリング右側のスイッチで操作
プロパイロット 2.0のON/OFF、速度設定、車間距離設定(長・中・短)、自動追い越しをする際の車線変更支援スイッチが配置されています。任意で追い越しをする場合は、ウインカーを操作します。
注記
*1 高速道路のナビ連動ルート走行と同一車線でのハンズオフ機能の同時採用が世界初(2019年当時として、日産調べ)。
*2 高速自動車国道法の定める高速自動車国道、および、道路法の定める自動車専用道路。
*3 プロパイロット 2.0をお使いいただくためには、NissanConnectサービスへのご入会(有料)が必要となります。〈スカイラインハイブリッド車用「プロパイロットプラン」:年間¥24,200(税込)〉詳しくは販売会社にお問い合わせください。