環境への配慮

ニッサン・グリーンプログラム
日産は、「人とクルマと自然の共生」を実現するため、「気候変動」「大気品質」「資源依存」「水資源」を重点課題とし取り組みを推進しています。
将来の世代へ誠実に責任を果たし、かけがえのない地球環境の保護に取り組んでいきます。
CO2排出量の削減
スカイラインのハイブリッド車は、「ハイブリッドシステム」「アイドリングストップ装置」「可変バルブタイミング」「電動パワーステアリング」などの採用により燃費を向上させ、GT(2WD)/GT Type P(2WD)/GT Type SP(2WD)/GT(4WD)のメーカーオプション装着車(車両重量が1880kg以上の場合)/GT Type P(4WD)のメーカーオプション装着車(車両重量が1880kg以上の場合)/GT Type SP(4WD)は「2020年度燃費基準」を達成しました。さらに、メーターの燃費表示機能や「NissanConnect サービス」のエコドライブサポートサービスによって、運転時の燃費向上およびCO2(二酸化炭素)排出量の削減をサポートしています。
※「2020年度燃費基準」達成車の一部には、「平成32年度燃費基準」ステッカーが貼付されている場合がありますが、燃費性能に違いはありません。
WLTCモードで低排出ガス車認定を取得
スカイラインは、最近の走行実態を反映したWLTCモードで試験を実施し、排出ガス規制値より、NOx(窒素酸化物)、NMHC(非メタン炭化水素)の排出量を50%低減し、「平成30年基準排出ガス50%低減レベル」を達成しました。
エアコン冷媒
日産は2023年までに、エアコンで使用するフロン冷媒の目標GWP*1値150(国内向け年間出荷台数の加重平均値)の達成を目指しています。スカイラインのエアコンでは、HFC-134a(GWP値1430)を500g使用しています。
この冷媒は、大気放出禁止、廃棄時回収が必要です。
リサイクル性の向上
資源の有効活用のために、設計段階から使用済みの段階までを考えたクルマづくりを行っています。
リサイクルしやすい構造や材料の検討等を行った結果、スカイラインではリサイクル可能率95%以上*2を達成しました。
〈主な取り組み〉● 再生された材料の使用 ● リサイクルしやすい樹脂の使用 ● ゴム・樹脂への材料マーキング 等
自動車リサイクル法について
使用済み自動車を適正に処理し、資源の再利用と環境負荷物質を減らす目的で自動車リサイクル法が施行されました。この法律によりクルマの所有者、メーカー、関連事業者それぞれに役割が定められています。
2005年1月1日以降、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル・適正処理費用としてクルマの購入時にリサイクル料金が別途必要となります。詳しくはカーライフアドバイザーにお問い合わせください。

品質方針

Quality
お客さまがショールームでクルマに触れた瞬間に抱かれる大きな期待。
おクルマをお求めいただいたあとにも変わることのない信頼感。このふたつの思いを、私たち日産は大切にしています。
お客さまのカーライフ全体を通じて、すべてのシーンで、高い品質をいつも、いつまでもご提供していくために、私たちは活動を続けています。
お客さまが見て、触れて感じる「感性品質」へのこだわりが、きわめて高度な製品品質を実現します。
最高品質のクルマをお届けする確かな品質保証
スカイラインは、多くの高級車を製造する栃木工場で生産しています。
工場での厳しい品質検査に加えて、輸送工程での品質確保からディーラーでのメカニックによる整備に至るまで、最高品質のクルマをお客さまにお届けするための品質保証体制を整えています。
お客さまの視点に立った徹底した走り込みによる品質確認
日産のグローバル品質評価項目に基づく評価に加え、念入りに最終品質確認を行っています。
高級車・高性能車評価のエキスパートが、テストコースでお客さまのおクルマを1台1台走行確認することで、確かな走りと快適な室内空間をお楽しみいただける高い品質を実現しています。
注記
*1 Global Warming Potential:地球温暖化係数。
*2 ISO規格(22628:2002:AnnexA)に基づき算出。「自工会方式に対し、リユースされる対象部品が、あらかじめ規定されており、材料リサイクル対象をその材料種別でとりきめているグローバル標準方式」。