ProPILOT 2.0 世界初 インテリジェント高速道路 ルート走行(高精度地図データ搭載)

自動運転の時代にまた一步近づく

時代を変える方法はひとつしかない。
誰もやらないことをやる。

日産は、この秋、自動運転の時代にまた一步近づく。
ニッサン インテリジェント モビリティが生んだ、
第2世代のProPILOT。

まもなくスカイラインに搭載。
さあ、新しい時代へ。
ぶっちぎれ。技術の日産。

2019年。秋。ProPILOT 2.0搭載。
NEW SKYLINE

  • ※1プロパイロット 2.0は自動で運転する装置ではありません。ドライバーは周囲の状況や車両の動作に常に注意し、
    確実にハンドル、ブレーキ、アクセルを操作し、安全な運転を行う責任があります。また、プロパイロット 2.0は、側方にいる車両に反応しません。
    合流部、カーブを走行するとき、また大型車両が隣の車線を走行しているときは特に周辺車両に注意し、必要に応じてハンドル操作をしてください。
    ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、
    同一車線内でハンズオフが可能となる運転支援システムです。
    対面通行路、トンネル内、急なカーブ路、料金所・合流地点及びその手前などでは、ハンズオフできません。
    ハンズオフができない区間に入るときにはシステムが事前にドライバーに報知するので、ドライバーはハンドル操作をする必要があります。
  • ※2高速道路のナビ連動ルート走行と同一車線でのハンズオフ機能の採用が世界初(2019年5月日産調べ)
  • ※3高速自動車国道法の定める高速自動車国道、及び、道路法の定める自動車専用道路。

What's ProPILOT 2.0?

高速道路の出口までナビ連動で運転をアシスト。

「プロパイロット 2.0」では、ナビゲーションシステムで目的地を設定し、
高速道路の本線に合流するとナビ連動ルート走行を開始。
ルート走行を開始すると追い越しや分岐なども含めて
システムがルート上にある高速道路の出口までの走行を支援。

ついに、ハンズフリードライブを実現。

ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ
直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて
同一車線内でハンズオフが可能となり、ドライバーの運転操作を幅広く支援。

5 Functions

0.

ProPILOT 2.0の作動条件

ディスプレイ表示を確認し、ProPILOT 2.0を起動。

ナビゲーションシステムで設定したルート上の高速道路の本線に合流し、ナビ連動走行が可能になるとディスプレイの表示と音でドライバーにお知らせ。また起動中は、ダッシュボード上のドライバーモニターカメラがドライバーの前方注視をモニタリングする。

ディスプレイでProPILOT 2.0が
起動できることを確認
ドライバーのスイッチ操作で起動
運転アシスト開始
1.

車速・車間制御機能

車速・車間距離の制御をサポート。

ドライバーがスイッチ操作でナビ連動走行を開始すると、ドライバーが設定した速度を上限に、先行車両との車間距離を一定に保ちながら車線中央を走行するよう支援。

2.

車線中央維持機能

常に車線中央をキープして走行。

ドライバーがセットした車速で車線中央付近を走行するようにステアリングを制御し走行。制限速度を検出した場合、その速度を自動的に設定車速にすることができる。

3.

追い越し支援機能

前方車の速度に応じて、追い越しをサポート。

前方にドライバーが設定した速度より遅い車両が走行している場合、システムが追い越し可能と判断するとディスプレイへの表示と音でドライバーに提案。ドライバーがハンドルに手を添えてスイッチ操作で承認すると、右側の車線へ車線変更。追い抜きが完了すると、車線変更可能なタイミングをシステムが判断し、同様の操作で元の車線へと戻る。

4.

車線変更支援機能

ウィンカーレバー操作1つで、車線変更をサポート。

ドライバーが自分の意思で車線変更を行いたいときには、ハンドルに手を添えて方向指示器を操作し、システムが車線変更可能と判断すると車線変更。

5.

ルート走行支援機能

ルートに応じて、車線変更をサポート。

ルート上の高速道路出口に近づくとディスプレイの表示と音でドライバーにお知らせし、連絡路へ分岐した後、ナビ連動ルート走行を終了。

Technology

3D高精度地図データで、さらにスムーズで、さらに安全に。

3D高精度地図データを用いる事で、格段に正確で滑らかなステアリング制御を実現。
また、前方の曲率や勾配などの道路形状を事前に把握し、速度を制御。
分岐や出口を考慮し、レーンごとの走行ルートを計画する事ができる。

360度周囲センシング

7個のカメラ、5個のレーダー、12個のソナーで、白線、標識、周辺車両を検知。

  • ※画像はイメージです。
インテリジェントインターフェイス

メーター中央の大型ディスプレイには、周囲の車両などが表示され、
ドライバーはシステムの状態を常に把握することができる。
また、追い越しや分岐のための車線変更の提案が状況に応じて表示される。
さらに、重要な情報はドライバーの視界の中心に近いヘッドアップディスプレイにも表示し、
視線移動の軽減を図る。