インテリジェントモビリティ インテリジェントモビリティ

事故を未然に防止する
「予防安全性能」の試験において
満点で最高ランクの評価を獲得。
セレナは、
国土交通省と独立行政法人
自動車事故対策機構による
2019年度自動車アセスメントの
予防安全性能評価において、
満点で最高評価となる
「ASV+++(トリプルプラス)」*1を獲得。
その高い安全性能が実証されました。

*1 インテリジェント エマージェンシーブレーキ、アダプティブLEDヘッドライトシステム、インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)、踏み間違い衝突防止アシスト、インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)搭載車。

予防安全性能試験データ (映像提供:独立行政法人 自動車事故対策機構(NASVA))

対停止車両(50km/h)

対定速走行車両(60km/h)

対歩行者(大人)駐車車両なし(60km/h)

対歩行者(子供)駐車車両なし(40km/h)

対歩行者(大人)駐車車両あり(45km/h)

対歩行者(子供)駐車車両あり(40km/h)

対歩行者(夜:街灯あり)対向車なし(60km/h)

対歩行者(夜:街灯あり)対向車あり(60km/h)

対歩行者(夜:街灯なし)対向車なし(60km/h)

対歩行者(夜:街灯なし)対向車あり(50km/h)

右逸脱(60km/h)

ペダル踏み間違い時加速抑制(前進時)

ペダル踏み間違い時加速抑制(後退時)

※システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。


充実の安全装備

セレナは全車、衝突被害軽減ブレーキ(対歩行者)/ペダル踏み間違い時加速抑制装置/車線逸脱警報/先進ライト(自動切替型前照灯など)の採用により「サポカーS ワイド」に該当しています。

※サポカーSの区分等、サポカー及び衝突被害軽減ブレーキ、ペダル踏み間違い急発進抑制装置についてはWEBサイトをご覧ください。http://www.nissan.co.jp/CARLINEUP/SUPPORTCAR/
※セーフティ・サポートカーS<ワイド>(サポカーS<ワイド>)は、政府が事故防止対策の一環として普及啓発しているものです。セレナは上記装備の採用により、高齢の方を含むすべてのドライバーの安全運転を支援します。また、安全運転を支援する装備は、あくまで運転を支援する機能です。本装備だけに頼った運転はせず、安全運転を心掛けください。

インテリジェント DA(ふらつき警報) メーカーオプション

ハンドル操作から運転者の注意力が低下していると判断したときに、メーター内のディスプレイ表示とブザーによりドライバーに休憩を促します。

車両接近通報装置 グレード別設定

モーター駆動のため走行音が小さなe-POWER車には、自車の位置を音で知らせて、周囲の人の注意を喚起する車両接近通報装置を装備。発進時は車速が30km/hまでのとき、減速時は車速が25km/h以下になったとき、さらに後退時に作動します。

VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])

各種センサーにより、ドライバーの運転操作や車速などを検知し、ブレーキ圧やエンジン出力を自動的に制御。滑りやすい路面やコーナリング、障害物を回避する際に発生する横滑りを軽減し、車両の安定性を向上させ、走行時の安心感を高めます。

* VDCはあくまでもドライバーの操作を補助するシステムです。
従って、VDC非装着車と同様にスピードを控え、早めの操作で安全運転をお願いします。

SRSエアバッグシステム〈前席〉

SRSエアバッグシステム〈前席〉を全車標準装備。側面衝突時の運転席・助手席の乗員を保護するSRSサイドエアバッグシステム、1列目から3列目までの乗員頭部を保護するSRSカーテンエアバッグシステムもオプション設定しました。

※エアバッグは撮影のため、膨らませた状態を再現したものです。なお、SRSサイドエアバッグ〈前席〉、SRSカーテンエアバッグは、実際の衝突時には衝突側のみ膨らみます。※SRSエアバッグシステム〈前席〉は万一の前面衝突の際に、シートベルトを補助して乗員への衝撃を緩和する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。SRSエアバッグ〈前席〉、SRSサイドエアバッグ〈前席〉およびSRSカーテンエアバッグは衝突の条件によっては作動しない場合があります。「SRSエアバッグ〈前席〉付車では、助手席にチャイルドシートを後ろ向きに取り付けない」事や、その他の重要な警告と注意事項を取扱説明書に記載しておりますので、必ずお読みください。 SRS:Supplemental Restraint System(補助拘束装置)。

高強度安全ボディ(ゾーンボディ)+歩行者傷害軽減ボディ

高強度キャビンと衝撃吸収ボディからなるゾーンボディをさらに進化。自車の保護性能向上と相手車両への加害性低減を両立したコンパティビリティ対応ゾーンボディを採用。衝突時に衝撃吸収ボディが効率的にエネルギーを吸収。高強度材を用いたフレーム構造により、堅固なキャビン(高強度キャビン)を実現しました。また、ボンネット等のエネルギー吸収性を高め、万一の歩行者との衝突時に頭部や脚部への衝撃を緩和する、歩行者傷害軽減ボディを採用しています。

自動車アセスメント(JNCAP)*1の衝突安全性能評価*2で最高評価の「ファイブスター賞」を受賞。

セレナは、衝撃吸収ボディや高強度キャビン、6つのエアバッグの採用、歩行者傷害軽減ボディ、前席ヘッドレストとシートバックフレームの剛性バランスを最適化したシート等により、平成28年度自動車アセスメントの衝突安全性能評価で、最高評価のファイブスター(★★★★★)を獲得。その高い安全性能が実証されました*3

*1 国土交通省と独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)による自動車の総合的な安全性能評価。1995年度より毎年公表。
*2 2011年度から導入された衝突安全性能評価は、乗員保護性能評価(100点満点)と歩行者保護性能評価(100点満点)及び座席ベルトの非着用警報装置(シートベルトリマインダー)評価(8点満点)の合計点を1☆から5☆までの表示で公表、 自動車のより総合的な安全性能を評価。
*3 e-POWER車を除く。

インテリジェント オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付)

日産自動車はおもいやりライト運動を推進しています。
http://www.omoiyari-light.com/

おすすめオプション

ISO FIX対応チャイルドセーフティシート
(テザーベルトタイプ) ディーラーオプション

 
国際標準化機構(ISO)がチャイルドセーフティシートの固定装置の大きさ、取り付け方法を世界的に統一した規格が、ISO FIX(アイソフィックス)です。
その規格に沿って作られ、認可を受けたチャイルドセーフティシートが「ISO FIX対応チャイルドセーフティシート」です。
●チャイルドセーフティシートの取付け、取外しが簡単かつ確実に行えます。
●テザーアンカーの採用によって、より確実に固定でき、衝突時の安全性を高めます。

※写真は当該車両とは異なります。
注)本商品は車両に正しく取付けた場合に、保安基準に適合し、正しく機能します。
注)取扱説明書でご確認の上、正しくご使用ください。

ジュニアセーフティシート ディーラーオプション

お子さま連れの安心ドライブはチャイルドシートの装着から
●国土交通省新基準対応
1.欧州と日本の安全基準に適合した「ジュニアセーフティシート」
2.身長に合わせて頭部と肩部のガードが動く「フレキシブルサイズ設計」
3.折りたたんで収納できる「かんたんコンパクト設計」

[適用目安]体重15kg以上~36kg以下、身長100cm以上~150cm以下(前向きに取付け)
注)取付位置については、車両の取扱説明書をご参照ください。
注)車両装着時にヘッドレストと干渉する場合は、ヘッドレストを外してご使用ください。