新次元の「電気」の走り。

2.0Lターボエンジンに匹敵するビッグトルク*1を発揮。e-POWERは、加速の力強さとレスポンスが違います。

発進時から一気に最大トルクを発生するモーター特有の優れた瞬発力により、電気自動車と同様の加速を体感できます。さらに市街地や高速道路での走行中でも、アクセルの踏み増しにレスポンスよく反応。俊敏な走りを意のままに楽しめます。

静かな走行音 / 2クラス上の快適性

モータードライブならではの静かな走行音に加え、エンジンの最適制御と遮音対策で2クラス上*2の快適性を実現しました。

発電用エンジンを休止して、モーターのみで走行する驚きの静かさもまたNOTE e-POWERを運転する大きな喜びのひとつです。しかも発電用エンジンはロードノイズなどに紛れる車速域で作動。ボディの入念な遮音対策と相まって、2クラス上*²の快適性を実現しています。

ボディの要所に専用の遮音対策を実施しています。

NOTE e-POWER全車にボディの前方と後方に入念な遮音対策を実施。そのうえでe-POWER MEDALISTは、ボディ側面の遮音性をさらに高めました。エンジンノイズやロードノイズなどの車内への侵入を抑制して、NOTE e-POWERの優れた静粛性をいちだんと際立たせています。

「燃費」の常識を超える

e-POWERは、“自ら発電する電気自動車”。 モータードライブの楽しさと燃費性能の両立を実現しました。

e-POWERは、エンジンを発電専用にしています。燃費に悪影響を与える作動領域を使用しない分、エンジンの作動時間を短縮。さらに、ごくわずかな減速でも回生エネルギーがとれるよう設定。市街地から高速道路まで、あらゆる走りのシーンで優れた燃費性能を発揮します。

日産リーフで培った先進のモータードライブシステムと発電用エンジンを組み合わせた新時代のパワートレイン。

NOTE e-POWERは、世界に先駆ける日産リーフの優れた電動自動車技術の基本機構を受け継ぎ、独自の発電システムを搭載。最先端技術と信頼性が力強く息づいています。

  • ①発電専用エンジン

    日産の高効率な1.2Lエンジン(HR12DE)を改良し、搭載。NOTE e-POWER向けにマッチング度を高め、燃費の向上に貢献しています。

  • ②駆動モーター&インバーター

    高性能モーターを搭載。優れた出力性能により、驚異的なパフォーマンスを発揮します。

  • ③駆動用バッテリー(リチウムイオン)

    バッテリーに大容量の電力をためておく必要がないため、小型化して前席シート下にコンパクトに搭載。クラストップ*3の広々とした室内空間を実現しています。

※写真およびイラストは機構のレイアウトや仕組みを紹介するためのイメージです。

「未来」の運転感覚。

モーターによる力強くてスムースな走りに加えて3つのドライブモードが未体験の運転感覚をもたらします。

e-POWERは、さまざまな走行シーンに合わせてシステムを最適に自動制御。3つの走行モードで、エコから力強くて爽快な走りまで自在に楽しめます。さらに新しい走行感覚の「e-POWER Drive」が運転の常識を一変させます。

①この走りがモータードライブ

●早朝や深夜のお出かけも、モーターだけで静かに走行*1
●交差点での発進や右折が、力強くてスムース。
*1 ヒーター使用時等には発電用エンジンが始動します。
さらにe-POWER Driveなら>>> ●ECOモードを選択すると、うれしい低燃費走行。

②この走りがモータードライブ

●よく走る市街地で、ひときわ優れた低燃費。
●市街地走行時は、エンジン作動が少なく静かで快適。
●発電中なのに、気づきにくい静かなエンジン音。
さらにe-POWER Driveなら>>> ●アクセル操作だけで速度調節が可能。市街地でのブレーキペダルを踏む回数が減少。

③この走りがモータードライブ

●高速道路での合流や追い越し加速が、気持ちよくスムース。
●急な登り坂や乗員が多くても、ストレスフリーの力強さ。
さらにe-POWER Driveなら>>> ●Sモードを選択すると、走行中の再加速で力強いレスポンスを発揮。

④この走りがモータードライブ

●減速時は、ムダなく回生して低燃費にしっかりと貢献。
●停車直前・停車時は、エンジン停止で静かさをキープ。
さらにe-POWER Driveなら>>> ●減速時は、アクセルを戻すだけで減速でき、車間距離調節がラクラク。ブレーキペダルを踏む回数が減少。

通常発進・走行時

駆動用バッテリー残量が充分なとき(エンジンOFF)

発電用エンジン停止。バッテリーで走行。

アクセルの踏み始めから発生する大トルクで力強く発進・加速。エンジン音のしない静かな走り*4

通常発進・走行時

駆動用バッテリー残量が少ないとき(エンジンON)

発電用エンジンを効率よく稼働。

発電した電力を充電しながら走行。低燃費でエンジン音を感じにくい静かな走り。

急加速・登坂時

電力フル供給で走行(エンジンON)

発電機とバッテリー両方から電力を供給。

モーターに大電力を供給して出力を高め、一気に速度アップする力強い走りを実現。

減速・降坂時

駆動用バッテリー残量が充分なとき(エンジンOFF)

回生発電した電力をバッテリーに充電。

減速時はエンジンを止めて*5、さらにムダなく回生発電した電力をしっかりと充電。

アクセルペダルだけでワクワク運転。「e-POWER Drive」。

アクセルペダルを戻すだけでNORMALモードに対して強く減速。渋滞時やカーブの多い道路など頻繁に加減速が必要なシーンでアクセル・ブレーキペダルの踏みかえを減らし、ドライバーの運転をサポートします。

※ 完全に停止するためにはブレーキペダルを踏んでください。また、ブレーキを踏んでから戻すとクリープが始まります。

e-POWER 4WD(モーターアシスト方式)

いつもの雪道だって、突然の降雪だって、安心して走れる。新開発の「e-POWER 4WD(モーターアシスト方式)」なら、滑りやすい路面での発進・加速もストレス知らずです。

滑りやすい雪道での発進・加速をいちだんとスムースに。路面状況に応じて、前輪だけでなく後輪もモーター駆動させるe-POWER 4WD(モーターアシスト方式)。
e-POWERならではの“ 瞬時に緻密な駆動力制御”に4WDをプラスして、デリケートなアクセル操作が必要な雪道走行の不安を解消します。

e-POWER 4WDについて、もっと詳しくはこちら

ガソリンエンジン

Eco and Useful Gasoline Engine
力強い走りと良好な燃費を両立したエコ スーパーチャージャーなど、ガソリンエンジン車も経済性と日常の使いやすさに優れています。
エコドライブのために。
ECOモード&日産エコメーター(エコドライブインジケーター、エコペダルガイド、エコドライブレポート) [グレード別設定]

e-POWERは、エンジンを発電専用にしています。燃費に悪影響を与える作動領域を使用しない分、エンジンの作動時間を短縮。さらに、ごくわずかな減速でも回生エネルギーがとれるよう設定。市街地から高速道路まで、あらゆる走りのシーンで優れた燃費性能を発揮します。

HR12DDRエンジン搭載車はECOモードと日産エコメーターを標準装備。実用燃費の向上をサポートするECOモードは、これまでの発進や加速に加えて車速や走行中の負荷なども検知することで、一定速度の走行や速度を落としてからの加速まで幅広くカバー。さらに、スーパーチャージャーも制御し、ECOモードではアクセルを踏み過ぎてもスーパーチャージャーは作動せず*6、低燃費に貢献します。また、日産エコメーターのエコドライブインジケーターは、走行中に自然と視野に入る位置に設定されているため、運転を楽しみながら身構えることなくエコドライブができます。

01_エコドライブインジケーター
視認性に優れた高輝度グリーンLEDで、エコ度合いを3段階で評価・表示。楽しみながらエコドライブができます。

02_エコペダルガイド
アクセルペダル操作を思わせる表示で、ペダル調整をサポートし、燃費向上を促します。

03_エコドライブレポート
運転後はセンターディスプレイとエコドライブインジケーターにより3段階でスコアを表示。ゲーム感覚でエコドライブを楽しめます。

車両情報ディスプレイ
瞬間燃費、平均燃費、航続可能距離などを表示します。

※ エコドライブインジケーターおよびエコドライブレポートは、走行中にエコペダルガイドのエコ領域にいる割合で表示します。
※ お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。

可能な限りエンジンを停止させながら、きわめてスムースな走りを実現。

■アイドリングストップ [グレード別設定]
クルマが停止していてもエンジンがかかっていれば、ガソリンは消費され続けます。それを節約するのがアイドリングストップ。普段通りの運転で状況に応じてクルマ自身が判断してアイドリングストップし、エコドライブを行って経済的な走行を実現します。信号待ちなどでクルマが停止した際は、ブレーキペダルとシフト操作に連動して自動的にエンジンが停止・再始動。特別な操作をすることなく、あらゆるシーンで普段通りの自然なフィーリングで運転することができます。

● アイドリングストップ中でもオーディオやナビは使用できます。エアコンは送風に切り替わります。アイドリングストップOFFスイッチを押しておけばアイドリングストップが作動せず、冷房や暖房を優先使用できます。
※アイドリングストップにはさまざまな作動条件や、安全のために守っていただきたい事項があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

低燃費とスーパーチャージャーによる爽快な加速を両立。

■HR12DDRエンジン(DIG-S)
HR12DDRは、1.2Lガソリンエンジンとしての燃費性能を極限まで追求しながら、1.5Lに匹敵する力強さを両立させるために日産の高度な技術を惜しみなく投入した新世代エンジンです。燃費に影響を与えるフリクションロス(摩擦抵抗損失)やポンピングロス(吸排気損失)を低減するミラーサイクル方式を採用。さらに燃焼室内に燃料を直接噴射し、燃焼効率を高める直噴システムを搭載することで、優れた低燃費を実現しています。そのうえで、加速や登坂時などのパワーが必要なシーンでは、エンジンの駆動力でダイレクトに過給器(コンプレッサー)を駆動するスーパーチャージャーにより、低回転域から1.5Lエンジンに匹敵する気持ちの良い加速性能を発揮。優れた経済性と走りの楽しさを実現しています。

日常での使いやすさを追求。

■HR12DEエンジン
軽量・コンパクトな1.2L 3気筒エンジン。優れた燃焼効率により低燃費を実現するとともに、中低速域で力強いトルクを発揮することで、日常での使いやすさを高めています。

スムースな走りと低燃費を両立。

■エクストロニックCVT
副変速機を採用した小型・軽量・高効率の新世代のCVTを搭載。ワイドな変速比幅により、良好な燃費性能に貢献するとともに、発進や低速時のレスポンスを向上させることでスムースな走りをもたらします。

■4WD(モーターアシスト方式)

(2WD←→4WD切り替えスイッチ付)
スイッチ操作*2で2WD←→4WDを選択でき、後輪を一時的にモーターで駆動する電動式4WD。トルク伝達のタイムラグの短縮や4WDモード時に前輪のスリップ量に応じてエンジントルクを制御するトラクション制御機能の採用で、凍結路面でも安定した発進が可能です*3。さらに、4WD(モーターアシスト方式)とVDCとの協調制御により、低μ路発進時の発進性、低μ路旋回走行時の安定性が向上します。

注記
*1 最大トルク254N・m(25.9kgf・m)/0-3008rpm。自社の2.0Lターボエンジンとの比較。
*2 走行時の騒音基準が2クラス上、e-POWER MEDALISTのみ(2016年9月現在 日産調べ)。
*3 室内長や後席ニールームの数値が、1.0~1.5Lクラスハッチバックでトップ(2016年9月現在 日産調べ)。
*4 ヒーター使用時等には発電用エンジンが始動します。
*5 駆動用バッテリーの充電量が高い状態では、放電のためエンジンが回ります。また、エアコン使用時にはエンジンが回る場合があります。
*6 特に加速が必要な場合は、アクセルを深く踏み込むとスーパーチャージャーを作動させることができます。

燃料消費率(国土交通省審査値)〉について
*1 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。
*2 切替えスイッチが4WDの状態(4WDランプ点灯中)であっても、車速が約30km/hを超えると自動的に2WD(前輪駆動)走行に切替わります。
*3 オンロードを前提とした4WDであるため、一般的な使用条件(道路、キャンプ場など車両乗り入れ可能区域)を超えた場所などでのご使用はおやめください。