おすすめランキング

1
メーカー希望小売価格
セルフ見積り
2
メーカー希望小売価格
セルフ見積り
3
メーカー希望小売価格
セルフ見積り

ランキング

おすすめランキング

1 G
2 e+ X
3 X

オプションランキング

1 寒冷地仕様
2 プロパイロット
3 e-スタイリングパッケージ3点

ボディカラーランキング

1 ステルスグレー(P)/スーパーブラック 2トーン〈#XEX・特別塗装色〉
2 ビビッドブルー(M)/スーパーブラック 2トーン〈#XEH・特別塗装色〉
3 ブリリアントホワイトパール(3P)/オーロラフレアブルーパール(P) 2トーン〈#XBK・特別塗装色〉

リーフ オーナーの声

オーナーのみなさまからの声を紹介しています。あなたのクルマ選びにご活用ください。

高級車のような走り心地
数年前から電気自動車に興味があり、フルモデルチェンジを機に購入しました。個人的な感想としては、まずタイトル通り、静寂性が非常によく、加速...もかなりのものです。航続距離に関しても通勤や住んでいる都府県内でのレジャーぐらいであれば、気にすることはないと思いますし、遠出をしてもナビに充電スポットが逐一表示されるので大丈夫だと感じます。
〈20代/男性/宮崎県〉
コメントをすべて見る
もう他の車には乗れない
ずっと気になってた電気自動車。数年前に試乗してみたものの、その時は色々と心配事があり断念。その後、夢のマイホームを建てるも職場が遠く...なり、ガソリン代が毎月3万超。共働きで頑張るも小さい子どもの保育園代も高く家計がピンチに。そして予想外の車の故障。5年後に考えていた車の買い替え時期が早まったものの、家を建てる時に「これからは電気自動車の時代だ!」と充電用コンセントを設置していたこともあり、初めて電気自動車の日産リーフを購入。燃費、走り心地、加速、静さ、どれをとっても文句なしで、家計にも優しい。今ではもっと早くに乗り換えれば良かったと夫婦で話してます。
〈30代/女性/沖縄県〉
コメントをすべて見る
e-Pedal
e-Pedalで今迄に経験したことがない運転の楽しさを味わっています。渋滞時でも全く疲れません。電気自動車の加速に驚いています。エコモード...を解除した状態の加速感はやみつきです。
〈60代/男性/福岡県〉
コメントをすべて見る

よく比較されるクルマ

注記
※交流電力量消費率および一充電走行距離は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。電気自動車は、走り方や使い方、使用環境等によって航続可能距離が大きく異なります。
※本諸元のモード走行時における交流電力量消費率および一充電走行距離の表示は、「WLTCモード」と「JC08モード」です。
※WLTCモードは、「市街地」「郊外」「高速道路」の各走行モードを平均的な使用時間配分で構成した国際的な走行モードです。
※日産リーフは、62kWhバッテリー搭載車、40kWhバッテリー搭載車において、WLTCモードとJC08モードの両方を併記します。
※62kWhバッテリー搭載車は、最大100kWの急速充電に対応しています。40kWhバッテリー搭載車は、最大50kWの急速充電に対応しています。
※写真は機能説明のためのイメージです。手放し運転を推奨するものではありません。ハンドルに手をかざし、安全運転を心がけてください。
※価格はメーカー希望小売価格(消費税込)です。価格は販売会社が独自に決めておりますので、詳しくは販売会社にお問い合わせください。掲載のメーカーオプション、ディーラーオプションは一部です。詳しくはスペック装備一覧をご覧ください。
※仕様ならびに装備は予告なく変更することがございます。
※3D画像はCGによるイメージ画像です。実際の色とは異なって見えることがあります。
※掲載されている写真の一部は合成写真となります。
※当お見積り価格はご参考価格です。画面に表示された価格、またはその画面をプリントアウトしたものに印刷された価格は、販売価格としての効力を有しません。
※車両本体価格は2019年12月現在の東京地区メーカー希望小売価格(消費税込)です。税金(消費税を除く)、自賠責保険、販売諸費用、オプション価格 (メーカー、ディーラー共)、付属品価格などは含まれておりません。
※本サイトに掲載されている画像や動画の車両と販売されている車両では、一部仕様が異なります。