日産の軽は3車種すべて安全性能最高評価「ファイブスター賞」獲得!※3車種:デイズ、ルークス、日産サクラを指します。※国土交通省および(独)自動車事故対策機構による安全性能評価。 -日産の軽-
SAKURA
ROOX DAYZ

SAKURA

自動車安全性能評価 2022

試験車両:X 2WD
アダプティブLEDヘッドライトシステム、インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物検知機能付)、 EV専用NissanConnectナビゲーションシステム、プロパイロット、SOSコール、SRSニーエアバッグ〈運転席〉、 ロードリミッター付プリテンショナーシートベルト〈後席〉オプション装着車。
2023年1月現在

自動車安全性能評価 合計得点 184.93点/199点

3つの評価項目

衝突安全性能評価
Aランク 88.31点/100点

様々な観点から衝突を検証し、エアバッグなど、乗員・歩行者両方守る性能を評価。

予防安全性能評価
Aランク 88.62点/91点

衝突被害軽減ブレーキなど、衝突回避をサポートする性能を評価。

事故緊急通報装置評価
先進型100% 8点/8点

万が一事故が発生してしまった時、乗員の傷害予測のための自動緊急通報装置の先進性を評価。

試験動画

試験動画

機能一覧

JNCAP最高評価「ファイブスター賞」
高く評価された日産サクラ搭載の先進技術

  • SOSコール(ヘルプネット)※1

    運転中に危険を感じても、
    スイッチ一つで
    オペレーターに
    つながるから安心。

    詳しくはこちら
  • インテリジェントアラウンドビューモニター※2

    空から見下ろしたような映像で、
    スムースな駐車をアシスト。

    詳しくはこちら
  • インテリジェントエマージェンシーブレーキ※3

    前方の歩行者や車両を検知して
    衝突回避をアシスト。

    詳しくはこちら
  • インテリジェントFCW※4

    レーダーが自車からは見えない
    2台先のクルマを検知。
    玉突き事故の危険をお知らせ。

    詳しくはこちら
  • エアバッグ※5

    7個のエアバッグシステムを装備し、万一の際の安全性を向上。※写真はデイズのものになります。
    一部仕様が異なります。

    詳しくはこちら
  • アダプティブLEDヘッドライトシステム※6

    カメラで前方の状況を検知し、
    全24個のLEDを1個ずつ制御。
    必要なところだけを遠くまで照射。

    詳しくはこちら

機能には限界があります。
詳しくはこちらをお読みください。

※1 SOSコール(ヘルプネット):
※SOSコールは(株)日本緊急通報サービスが提供しているヘルプネットです。D-Call Netは、認定NPO法人の救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)の登録商標です。
利用条件としてSOSコールのサービス登録申し込みが必要になります。(※サービスは、車両の初度登録年月より10年間ご利用可能です。11年目以降はご利用いただけません。)
※本サービスのご利用には、NissanConnect サービスへのご契約が必要となります。

※2 インテリジェント アラウンドビューモニター:
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
■車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。
■移動物 検知機能は、自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。

※3 インテリジェント エマージェンシーブレーキ:
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■車速約5km/hから作動します。歩行者・人が乗車している自転車には約10km/h~60km/hの範囲で作動します(車速約100km/h以上では停止車両に対しては作動しません)。

※4 インテリジェント FCW:
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。

※5 エアバッグ:
※SRSエアバッグは万一の衝突の際に、シートベルトを補助して乗員への衝撃を緩和する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。SRSエアバッグシステム〈前席〉、SRSニーエアバッグシステム〈運転席〉、SRSサイドエアバッグシステム〈前席〉、SRSカーテンエアバッグシステムは衝突の条件によっては作動しない場合があります。「SRSエアバッグシステム〈前席〉付車では、助手席にチャイルドシートを後ろ向きに取り付けない」事や、その他の重要な警告と注意事項があります。詳しくは取扱説明書に記載されておりますので、必ずお読みください。
SRS:Supplemental Restraint System(補助拘束装置)

※6 アダプティブLEDヘッドライトシステム:
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■車速が約25km/h以上でヘッドランプを点灯しているとき、対向車や先行車に照射しないよう自動でハイビームの照射範囲を切り替えます。車速25km/h以上で一度システムが作動すると、15km/hまではハイビームの自動可変配光を維持し、約15km/h以下になるとロービームに切り替わります。

ROOX

自動車安全性能評価 2021

試験車両:ハイウェイスターX 2WD / ハイウェイスターX
プロパイロットエディション 2WD、日産オリジナルナビゲーション装着車。
2021年9月現在。

自動車安全性能評価 合計得点 176.54点/190点

3つの評価項目

衝突安全性能評価
Aランク 86.54点/100点

様々な観点から衝突を検証し、エアバッグなど、乗員・歩行者両方守る性能を評価。

予防安全性能評価
Aランク 82.00点/82点

衝突被害軽減ブレーキなど、衝突回避をサポートする性能を評価。

事故緊急通報装置評価
先進型100% 8点/8点

万が一事故が発生してしまった時、乗員の傷害予測のための自動緊急通報装置の先進性を評価。

試験動画

試験動画

機能一覧

JNCAP最高評価「ファイブスター賞」
高く評価された日産ルークス搭載の先進技術

  • SOSコール(ヘルプネット)※1

    運転中に危険を感じても、
    スイッチ一つで
    オペレーターに
    つながるから安心。

    詳しくはこちら
  • インテリジェントアラウンドビューモニター※2

    空から見下ろしたような映像で、
    スムースな駐車をアシスト。

    詳しくはこちら
  • インテリジェントエマージェンシーブレーキ※3

    前方の歩行者や車両を検知して
    衝突回避をアシスト。

    詳しくはこちら
  • インテリジェントFCW※4

    レーダーが自車からは見えない
    2台先のクルマを検知。
    玉突き事故の危険をお知らせ。

    詳しくはこちら
  • エアバッグ※5

    7個のエアバッグシステムを装備し、万一の際の安全性を向上。 ※写真は最新車両と一部仕様が異なる場合があります。

    詳しくはこちら
  • アダプティブLEDヘッドライトシステム※6

    カメラで前方の状況を検知し、
    全24個のLEDを1個ずつ制御。
    必要なところだけを遠くまで照射。

    詳しくはこちら

機能には限界があります。
詳しくはこちらをお読みください。

※1 SOSコール(ヘルプネット):
※SOSコールは(株)日本緊急通報サービスが提供しているヘルプネットです。D-Call Netは、認定NPO法人の救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)の登録商標です。
利用条件としてSOSコールのサービス登録申し込みが必要になります。(※サービスは、車両の初度登録年月より10年間ご利用可能です。11年目以降はご利用いただけません。)

※2 インテリジェント アラウンドビューモニター:
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
■車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。
■移動物 検知機能は、自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。

※3 インテリジェント エマージェンシーブレーキ:
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■対車両は車速約10~80km/hの範囲で作動します。歩行者に対しては、約60km/h以上では作動しません。
※天候や道路状況などのさまざまな条件により適切に作動しない場合があります。
※ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、前方の車両や歩行者との衝突回避操作を支援、または衝突時の被害や傷害の軽減を目的としています。
機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

※4 インテリジェント FCW:
※インテリジェント FCW(前方衝突予測警報)を搭載した軽自動車が初。2020年2月現在 日産調べ。(他社にも同じ装備のクルマがあります)
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■車速約5km/h以上で作動します。

※5 エアバッグ:
※エアバッグは撮影のため、膨らませた状態を再現したものです。なお、SRSサイドエアバッグ(前席)、SRSカーテンエアバッグは、実際の衝突時には衝突側のみ膨らみます。
※SRSエアバッグは万一の衝突の際に、シートベルトを補助して乗員への衝撃を緩和する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。SRSエアバッグシステム〈前席〉、SRSニーエアバッグシステム〈運転席〉、SRSサイドエアバッグシステム〈前席〉、SRSカーテンエアバッグシステムは衝突の条件によっては作動しない場合があります。「SRSエアバッグシステム〈前席〉付車では、助手席にチャイルドシートを後ろ向きに取り付けない」事や、その他の重要な警告と注意事項があります。詳しくは取扱説明書に記載されておりますので、必ずお読みください。
SRS:Supplemental Restraint System(補助拘束装置)

※6 アダプティブLEDヘッドライトシステム:
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■車速が約30km/h以上でヘッドランプを点灯しているとき、対向車や先行車に照射しないよう自動でハイビームの照射範囲を切り替えます。車速30km/h以上で一度システムが作動すると、15km/hまではハイビームの自動可変配光を維持し、約15km/h以下になるとロービームに切り替わります。
■ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

DAYZ

自動車安全性能評価 2020

試験車両:ハイウェイスターX 2WD / ハイウェイスターX
プロパイロットエディション 2WD、日産オリジナルナビゲーション装着車。
2021年5月現在。

自動車安全性能評価 合計得点 175.72点 /190点

3つの評価項目

衝突安全性能評価
Aランク 88.60点/100点

様々な観点から衝突を検証し、エアバッグなど、乗員・歩行者両方守る性能を評価。

予防安全性能評価
Aランク 79.12点/82点

衝突被害軽減ブレーキなど、衝突回避をサポートする性能を評価。

事故緊急通報装置評価
先進型100% 8点/8点

万が一事故が発生してしまった時、乗員の傷害予測のための自動緊急通報装置の先進性を評価。

試験動画

試験動画

機能一覧

JNCAP最高評価「ファイブスター賞」
高く評価された日産デイズ搭載の先進技術

  • SOSコール(ヘルプネット)※1

    運転中に危険を感じても、
    スイッチ一つで
    オペレーターに
    つながるから安心。

    詳しくはこちら
  • インテリジェントアラウンドビューモニター※2

    空から見下ろしたような映像で、
    スムースな駐車をアシスト。

    詳しくはこちら
  • インテリジェントエマージェンシーブレーキ※3

    前方の歩行者や車両を検知して
    衝突回避をアシスト。

    詳しくはこちら
  • インテリジェントFCW※4

    レーダーが自車からは見えない
    2台先のクルマを検知。
    玉突き事故の危険をお知らせ。

    詳しくはこちら
  • エアバッグ※5

    7個のエアバッグシステムを装備し、万一の際の安全性を向上。

    詳しくはこちら
  • ハイビームアシスト※6

    夜道もらくらく。
    ハイビームとロービームを自動で
    切り替え。

    詳しくはこちら

機能には限界があります。
詳しくはこちらをお読みください。

※1 SOSコール(ヘルプネット):
* SOSコールスイッチ、専⽤スピーカー(インストルメントパネル中央)が設置されます。またご利用には、サービスへのご契約が必要となります。(※サービスは、車両の初度登録年月より10年間ご利用可能です。11年目以降はご利用いただけません。)
※SOSコールは(株)日本緊急通報サービスが提供しているヘルプネットです。D-Call Netは、認定NPO法人の救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)の登録商標です。
*2 エアバッグ展開連動式の事故自動緊急通報システム対応が軽自動車初。(2019年2月 日産調べ)

※2 インテリジェント アラウンドビューモニター:
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
■車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。
■移動物 検知機能は、自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。

※3 インテリジェント エマージェンシーブレーキ:
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■天候や道路状況などのさまざまな条件により適切に作動しない場合があります。
■ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、前方の車両や歩行者との衝突回避操作を支援、または衝突時の被害や傷害の軽減を目的としています。機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

※4 インテリジェント FCW:
■車速5km/h以上で作動します。
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能⼒には限界があり、天候や路⾯状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路⾯状況に合わせた運転、周囲の⾞両・歩⾏者の確認、⼗分な⾞間距離の確保など、安全運転を⼼がけてください。先進技術・機能の設定条件は、⾞種・グレードにより異なります。

※5 エアバッグ:
※SRSエアバッグは万一の衝突の際に、シートベルトを補助して乗員への衝撃を緩和する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。SRSエアバッグシステム〈前席〉、SRSニーエアバッグシステム〈運転席〉、SRSサイドエアバッグシステム〈前席〉、SRSカーテンエアバッグシステムは衝突の条件によっては作動しない場合があります。「SRSエアバッグシステム〈前席〉付車では、助手席にチャイルドシートを後ろ向きに取り付けない」事や、その他の重要な警告と注意事項があります。詳しくは取扱説明書に記載されておりますので、必ずお読みください。
SRS : Supplemental Restraint System(補助拘束装置)
※エアバッグは撮影のため、膨らませた状態を再現したものです。なお、SRSサイドエアバッグ〈運転席・助手席〉、SRSカーテンエアバッグは実際の衝突時には衝突側のみ膨らみます。
※SRSカーテンエアバッグシステムは運転席側・助手席側に装備されます。
※ニーエアバッグはグレード別設定。

※6 ハイビームアシスト:
■対向車や先行車のライトを検知、明るい市街地(街灯など)、車速が約15km/h以下などの条件のいずれかに該当する場合はロービームに、いずれの条件にも該当せず車速が約25km/h以上の場合はハイビームに、随時自動で切り替わります。
■天候や道路状況などのさまざまな条件により適切に作動しない場合があります。運転時は常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動に切り替えるなど安全運転を心がけてください。
■ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

※当コンテンツ内に掲載されている車両は、最新車両と一部仕様が異なる場合があります。