GT-R Track edition engineered by NISMO

Main story
レーシングテクノロジーが生み出す圧倒的な速さを、GT-Rのフォルムを保ったまま追求した特別な1台。それが、GT-R Track edition engineered by NISMOである。日産ワークスであるNISMOが、最先端のレーシングフィールドで鍛え上げたテクノロジーを惜しみなく投入。GT-Rほとんどそのままのフォルムに、GT-R NISMOの足回りとボディ剛性を融合している。2020年モデルでは、新開発のハイグリップタイヤに専用レイズ製アルミ鍛造ホイールを採用。さらに、圧倒的な制動力を発揮する専用カーボンセラミックブレーキ、ボディ剛性を高める専用カーボン製ルーフ、新構造の専用RECARO製シートもオプション設定した。頂点のレースで鍛え上げた、ピュアなパフォーマンスを存分に体感してほしい。
ボディチューニング
ボディの接合に構造用接着剤を使用し、剛性を高める「ボンディングボディ」。この工法は、接合の自由度が高く、より高精度なボディチューンが可能。ボディの製造工程で手を加えることができるメーカー直系ワークス、NISMOだからできるボディチューニングである。また、ホイールサイズの拡大に合わせて、専用拡幅フロントフェンダー、拡幅フロントプロテクターを採用。これに加えて、2020年モデルは、フロントフェンダー下面の形状を変更して、気流をブレーキローター上部に導くことで冷却性能を向上。制動時に最大1000℃の熱を発生するカーボンセラミックブレーキの高制動力に対応している。
タイヤ&ホイール
2020年モデルのタイヤには、グリップ向上と転がり抵抗の低減を実現した新開発のハイグリップゴムを採用。プロファイル、トレッドパターンを最適化するとともに、荷重による変形を考慮してサイド部の形状を適正化することで、接地性を向上。接地面積を最大化してタイヤのグリップ力を高め、旋回時のパフォーマンスを進化させた。加えて、専用レイズ製アルミ鍛造ホイールも、新たな造形により、さらなる剛性アップと軽量化を実現した。また、ボディの高剛性・軽量化に対応してサスペンションのチューニングを実施。専用フロントアッパーリンクを採用してハイキャスター化するとともに、専用スプリング&ショックアブソーバー、専用スタビライザーを採用。より精緻なセッティングによりタイヤ追従性を高め、コーナリング性能の向上を実現している。
専用カーボンセラミックブレーキ(メーカーオプション)
高速コーナーへのアプローチ。ブレーキペダルで制動Gを意のままにコントロールしながら、イメージした速度まで瞬時に減速する。そこには、スチールブレーキでは到達することができない快感と興奮が確かに存在する。カーボンセラミックブレーキ。2020年モデルに新たに設定されたこのブレーキは、世界でもトップクラスの制動性能はもちろん、サーキットにおける高Gでの効きの良さと、一般道などでの低Gでのコントロール性の両立を目指して開発された。ブレーキローターに、軽量で耐熱性の高いカーボンセラミックを採用。さらに、フロントØ410mm、リヤØ390mmというブレーキの大径化に合わせて、ピストン配列を最適化した高剛性キャリパーを開発。高負荷状況だけでなく、日常的な使用においても圧倒的な制動力と優れたコントロール性を実現している。
専用RECARO製カーボンバックバケットシート(メーカーオプション)
群を抜く加速。異次元のコーナリングフォース、そして、驚異的なブレーキング性能。 GT-R Track edition engineered by NISMOの進化したパフォーマンスを、最大限に愉しむためのシートとはどうあるべきか。たとえサーキットの限界走行においても、ドライバーに加わるGを受け止め、しっかり身体をホールドするシートを実現するために、2020年モデルはデザインと構造を一新した専用RECARO製カーボンバックバケットシートを開発した。さらなるホールド性、シート剛性を実現するために、従来の主に肩をサポートする構造から、上半身全体を包むようにホールドするシートバック構造に変更。カーボン素材にコア材を重ねる3層構造をシートバック全体に拡大し、剛性を大きく向上している。また、背中から腰にかけての接触面積を拡大し、肩甲骨から脇腹、骨盤をしっかり保持。ドライバーの上半身をつながりよくサポートすることで、高速コーナリング時でも安定したホールド性を実現。ハンドル操作、アクセル・ブレーキ操作をさらに安定して行うことを可能とした。
専用カーボン製ルーフ(メーカーオプション)
ボディの軽量化を考える時、カーボンは非常に魅力的な素材である。さらに、単純なカーボンではなく、より軽量化が図れるカーボン+低比重材料のサンドウィッチ構造を採用すれば、必要な剛性を保ったまま大幅な軽量化が可能となる。ただ、そこにはひとつだけ問題があった。この素材は表面品質の確保が極めて難しいのだ。従来の工法では、どうしてもボディの平滑性に難があり、その仕上がりでは到底GT-Rのボディとして採用することはできないのである。そこで我々は、材料と工法を見直すことから始めた。使用材料の全数板厚自動検査による品質管理を実施。さらに、素材の圧縮成形のプロセスを高温・高圧にすることで、カーボン表面の平滑性を高めたのである。これにより、GT-R Track edition engineered by NISMOのルーフは約4kgもの軽量化と、美しい仕上がりを実現している。
コックピット
GT-R Track edition engineered by NISMOは、ブラックにレッドをコーディネートし、本革を使用した専用RECARO製シートを標準装備。また、メーカーオプションとして専用RECARO製カーボンバックバケットシートとセットで専用アルカンターラ®巻ステアリング(レッドセンターマーク付)、専用ディンプル付本革巻シフトノブ(ブラック/レッド)も設定している。