軽初*1プロパイロットグレード別設定

高速道路でのドライバーの負担を軽減
高速道路の単調な渋滞走行と長時間の巡航走行で、アクセル、ブレーキ、ハンドルの操作をクルマがアシスト。
快適な高速ドライブが楽しめます。
車間距離をキープ
前を走行するクルマを検知し、日産デイズがアクセル、ブレーキをコントロールして前のクルマとの車間距離を保つ手助けをします。
車線中央をキープ
白線を検知し、日産デイズがハンドルをコントロールして直線道路はもちろん、カーブにおいても走行車線の中央を走行する手助けをします。
*1 約0~100km/hの範囲で走行時の車間および操舵制御を搭載した軽自動車が初。2019年2月現在 日産調べ。(他社にも同じ装備のクルマがあります)
機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
■プロパイロットは高速道路や自動車専用道路で使用してください。プロパイロットはドライバーの運転操作を支援するためのシステムであり、自動運転システムではありません。安全運転をおこなう責任はドライバーにあります。
■わき見運転やぼんやり運転などの前方不注意および雨・霧などの視界不良による危険を回避するものではありません。先行車との車間距離、車線内の位置、周囲の状況に応じてアクセル、ブレーキ、ハンドルを操作するなどして、常に安全運転を心がけてください。
■システムの能力には限界がありますので、システムだけに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。
■プロパイロットの操作方法や重要な注意事項などが記載されていますので、ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。

軽初*2SOSコール(ヘルプネット)メーカーオプション

高性能の位置情報、センサー情報とともに
専門のオペレーターにつながる
急病時や危険を感じた時には、SOSコールスイッチを押してください。
万が一の事故発生時には、エアバッグ展開と連動し自動通報されます。
専門のオペレーターが警察や消防への連携をサポートします。

SOSコールの主な流れ

※SOSコールは(株)日本緊急通報サービスが提供しているヘルプネットです。D-Call Netは、認定NPO法人の救急ヘリ病院ネットワーク(HEM-Net)の登録商標です。

利用条件
装備取付   サービス登録申し込み
日産オリジナルナビ取付パッケージグレード別設定 日産オリジナルナビゲーション(NissanConnectサービス対応ナビ)ディーラーオプション NissanConnectサービス申し込み
SOSコール申し込み
(SOSコール(ヘルプネット)利用規約の同意が必要となります。)
装備取付
日産オリジナルナビ取付パッケージグレード別設定 日産オリジナルナビゲーション(NissanConnectサービス対応ナビ)ディーラーオプション
サービス登録申し込み
NissanConnectサービス申し込み
SOSコール申し込み
(SOSコール(ヘルプネット)利用規約の同意が必要となります。)
注意事項
・インテリジェント エマージェンシーブレーキレス(メーカーオプション)を選択した場合は、SOSコールは選択できません。
・NissanConnectサービス対応の日産オリジナルナビゲーションに限ります。シンプルナビではSOSコールはご利用になれません。
*2 エアバッグ展開連動式の事故自動緊急通報システム対応が軽自動車初。(2019年2月現在 日産調べ)

ブレーキ制御付踏み間違い衝突防止アシスト

踏み間違いによる衝突回避をアシスト
ブレーキペダルと間違えてアクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出力を抑制しブレーキを制御。
壁やコンビニなどのガラス、人との衝突回避をアシストします。
低速加速抑制機能(前進時/後退時)
進行方向の正面に障害物がある場合に、アクセルペダルを必要以上に踏み込むと、警報とともに加速を抑制します。さらに、前進時(停車時含む)は車両や歩行者を検知している場合にも作動します。
低速衝突軽減ブレーキ機能(前進時/後退時)
障害物に衝突する恐れがある場合は、エンジン出力制御にブレーキ制御を加え、万一の衝突事故を回避または被害を軽減します。
前進時(センサーで壁などを検知)
前進時(カメラで歩行者や車両を検知)
後退時(センサーで壁などを検知)
機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
■進行方向に壁などの障害物、車両や歩行者(前進時のみ)などがいる場所で、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違えやブレーキ操作が遅れたとき、警報音と表示で警告し、さらに過度な加速の防止や障害物への衝突防止を支援します。
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■天候や道路状況などのさまざまな条件により適切に作動しない場合があります。
■ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

ヒルスタートアシスト

ずり下がりにくいからあわてなくていい
上り坂での発進時、ブレーキペダルからアクセルペダルへと足を踏み替える間は、クルマがブレーキ力を2秒間維持。
ゆっくり落ちついて、ペダルを踏み替えられます。
機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
■上り坂での発進を補助するシステムです。凍結している路面や泥状の坂道では、車両がスリップして後退することがあります。特に安全運転を心がけてください。

オートブレーキホールドグレード別設定

踏み続けなくていいから足がラク
ブレーキペダルを踏んで停車すると、ブレーキペダルから
足を離してもクルマがブレーキ力を維持。
足の疲れを緩和します。
機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
■急な坂道や滑りやすい路面で使用しないでください。
■次の場合はオートブレーキホールド機能をOFFにしてください。(洗車機を使用するとき、車両にけん引されるとき)

電動パーキングブレーキグレード別設定

パーキングブレーキを指先で作動・解除
ブレーキペダルを踏み込み、電動パーキングブレーキスイッチを引き上げると作動、押し下げると解除されます。
シフトとアクセル操作に連動して、自動で作動または解除もされます。

インテリジェント アラウンドビューモニター(移動物 検知機能付)グレード別設定

空から見下ろしているかのような映像で駐車をアシスト
駐車中のクルマを、上空から見下ろしているかのような映像にしてルームミラーのディスプレイ(または日産オリジナルナビゲーション画面)に表示します。ひと目で周囲の状況がわかるため、スムースに駐車できます。さらに、人や自転車など周囲に動くものがいる場合に表示とブザーで注意を促します。
スイッチ操作でどちらかに表示できます。
ディスプレイ付自動防眩式
ルームミラーグレード別設定
日産オリジナルナビゲーション(MM318D-L)*11ディーラーオプション
9インチの大画面ナビなら大きく見える!
ディーラーオプションについて詳しくはこちら
機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
■車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。
■移動物 検知機能は、自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。

ハイビームアシスト

自動で切り替え
先行車や対向車のライト、道路周辺の明るさに合わせて、ハイビームとロービームを自動で切り替えます。
手動で切り替えるわずらわしさと、切り替え忘れによる先行車や対向車へのうっかりハイビームがなくなります。
ハイビーム
ロービーム
機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
■対向車や先行車のライトを検知、明るい市街地(街灯など)、車速が約15km/h以下などの条件のいずれかに該当する場合はロービームに、いずれの条件にも該当せず車速が約25km/h以上の場合はハイビームに、随時自動で切り替わります。
■天候や道路状況などのさまざまな条件により適切に作動しない場合があります。運転時は常に周囲の状況に注意し、必要に応じて手動に切り替えるなど安全運転を心がけてください。
■ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、事故被害や運転負荷の軽減を目的としています。機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

インテリジェント オートライトシステム(フロントワイパー連動、薄暮れ感知「おもいやりライト」機能付)

自動で点灯・消灯
夕暮れ時や、雨天でフロントワイパーを使用した時に、自動でヘッドライトを点灯。周囲のドライバーや歩行者の注意を喚起し、事故低減をサポートします。
日産自動車はおもいやりライト運動を推進しています。
https://www.omoiyari-light.com/

コンフォートフラッシャー

車線変更をサポート
ウインカーレバーに一度軽くふれるだけで、ターンランプが3回点滅します。

インテリジェント エマージェンシーブレーキ

走行中の衝突回避をアシスト
前方のクルマや人を検知して、ぶつかる可能性が高まると表示とブザーでドライバーに回避操作を促します。
万一、安全に減速できなかった場合には、ブレーキが作動します。
クルマに対して
前方の車両に衝突する危険を察知すると、メーター内の警告表示とブザーでドライバーの回避操作を促します。
人に対して
前方の歩行者も検知。衝突の恐れがある場合には、ドライバーの回避操作を促し、ドライバーが安全に減速できなかった場合にはブレーキをかけて衝突回避を支援します。
クルマに対して
人に対して
機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■天候や道路状況などのさまざまな条件により適切に作動しない場合があります。
■ドライバーの安全運転を前提としたシステムであり、前方の車両や歩行者との衝突回避操作を支援、または衝突時の被害や傷害の軽減を目的としています。機能には限界がありますので過信せず安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)

はみ出しを抑制
警告音とともに、ブレーキを制御することで車両をもとの車線内に戻すような力を短時間発生させ、クルマを車線内に戻すようドライバーのステアリング操作をアシストします。
機能には限界があります。詳しくはこちらをお読みください。
■運転者が意図せず走行車線から逸脱しそうなとき、運転者が車線内に戻す操作を支援するシステムです。車速約60km/h以上で作動します。※脇見運転やぼんやり運転などの前方不注意および雨、霧などの視界不良による危険を回避するものではありません。
■安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
■周囲の状況に応じてハンドル操作を行い、常に安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

エマージェンシー ストップシグナル

ストップランプが点滅
急ブレーキをかけた時にはストップランプが点滅。後続車に注意を促して、追突される危険性を低減します。
日産デイズは、自動ブレーキ(対歩行者)/ペダル踏み間違い時加速抑制装置/車線逸脱警報/先進ライト(自動切替型前照灯など)の採用により、「サポカーS ワイド」に該当しています。●「サポカーS ワイド」対象グレード:全グレード。
※サポカーSの区分等、サポカーについてはWEBサイトをご覧ください。
http://www.nissan.co.jp/CARLINEUP/SUPPORTCAR/