環境への配慮

ニッサン・グリーンプログラム
日産は、「人とクルマと自然の共生」を実現するため、「気候変動」「大気品質」「資源依存」「水資源」を重点課題とし取り組みを推進しています。
将来の世代へ誠実に責任を果たし、かけがえのない地球環境の保護に取り組んでいきます。
CO2排出量の削減
日産デイズは「ハイブリッドシステム(グレード別設定)」「アイドリングストップ装置」「可変バルブタイミング」「自動無段変速機(CVT)」「電動パワーステアリング」などの採用により燃費を向上させ、2WD車(ハイウェイスターXおよびハイウェイスターX プロパイロットエディションのオプション装着車(ともに870kg以上の場合)、ハイウェイスターGターボ、ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションは除く)は「2020年度燃費基準+20%」を、ハイウェイスターX(2WD車)およびハイウェイスターX プロパイロットエディション(2WD車)のオプション装着車(ともに870kg以上の場合)は「2020年度燃費基準+10%」を、ハイウェイスターGターボとハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションの2WD車および4WD車(ハイウェイスターGターボ、ハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションは除く)は「2020年度燃費基準」を達成しました。
さらにメーターの燃費表示機能によって、運転時の燃費向上およびCO2(二酸化炭素)排出量の削減をサポートしています。
※「2020年度燃費基準」達成車の一部には、「平成32年度燃費基準」のステッカーが貼付されている場合がありますが、燃費性能に違いはありません。
WLTCモードで低排出ガス車認定を取得
日産デイズは、最近の走行実態を反映したWLTCモードで試験を実施し、ハイウェイスターGターボとハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションを除く全車は排出ガス規制値より、NOx(窒素酸化物)、NMHC(非メタン炭化水素)の排出量を50%低減し、「平成30年基準排出ガス50%低減レベル」を達成しました。また、ハイウェイスターGターボとハイウェイスターGターボ プロパイロットエディションは「平成30年基準排出ガス25%低減レベル」を達成しています。
エアコン冷媒
日産は2023年までに、エアコンで使用する冷媒の目標GWP値150(国内向け年間出荷台数の加重平均値)の達成を目指しています。
日産デイズのエアコンでは、HFC-134a(GWP値1430)を320g使用しています。
この冷媒は、大気放出禁止、廃棄時回収が必要です。
* Global Warming Potential:地球温暖化係数。
リサイクル性の向上
リサイクルしやすい材料や再生された材料を使用して、資源の有効利用に取り組んでいます。
自動車リサイクル法について
自動車リサイクル法により、クルマの購入時にシュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル・適正処理費用としてリサイクル料金が別途必要となります。詳しくはカーライフアドバイザーにお問い合わせください。

品質方針

Quality
お客さまがショールームでクルマに触れた瞬間に抱かれる大きな期待。
おクルマをお求めいただいたあとにも変わることのない信頼感。
このふたつの思いを、私たち日産は大切にしています。
お客さまのカーライフ全体を通じて、すべてのシーンで、高い品質をいつも、いつまでもご提供していくために、私たちは活動を続けています。
確かな製品品質から、お客さまが見て触れて感じる「感性品質」まで、
日産ならではの高度な品質を実現しています。
お客さまの声を反映した商品モノづくり
 
新型デイズは、お客さまから寄せられたご要望からオートエアコンの操作性を向上しました。オートエアコンのタッチパネルには、大きな文字や絵記号で表示されるタッチスイッチや高輝度の白色照明を採用しています。また最適な感度に調整されたタッチパネルや操作時の応答音など、幅広い層のお客さまにお乗りいただくデイズだからこそ、視覚的にわかりやすく、直感的な操作のしやすさにこだわりつくしています。
細部にまでこだわりクリーンで上質な
外観品質を実現
感性品質では、ひとクラス上のすっきりとした見栄えを実現するため、外装部品一つひとつの調和にこだわりました。サイドビューは、特徴的な窓廻りデザインが明快に見えるよう、窓枠を黒色化してドアの開口線を目立たなくしています。リヤビューでは、ワイパーやドアハンドルといったクルマの機能部品の配置にこだわり、全体と調和する場所に収めることで、すっきりした見栄えを実現しています。
日産独自の品質チェックシステムで
確かな品質保証
品質のエキスパートが、お客さまの視点でさまざまな角度から動的・静的にクルマの評価を行っています。品質確認専門の責任者は、お客さまがクルマを使用される際の条件を想定した300以上の項目を厳密にチェックしています。さらに、テストコースに加えて一般公道でも走行確認を行うことで、徹底した品質保証を行っております。