走行性能
エンジン
Z
過去に閲覧したページの履歴

クリップ

DRIVEN ENGINE 手なずけるエンジン

「アクセルの踏み込み加減に応じて正確に反応するパワー。そのチューニングの妙を感じていただきたい。」

VQ37VHRエンジン

Photo:VQ37VHRエンジン。

クリップ

微妙なアクセルワークに応えるには、VVELが必須でした。

一口にVQ37VHRエンジンと言っても、そのパワーフィーリングはチューニングしだい。

素直なエンジンにも、おとなしいエンジンにも、やんちゃなエンジンにもすることができます。現代ではDOHCも4バルブも当たり前で、誰もそんなスペックに「技術」を感じたりしません。

本当の技術とは、そういうスペックを超えたところにあるフィーリングをどう造り込めるか、それが私たちに問われているのだと思います。

“Z”のVQ37VHRでいえば、スポーツカーエンジンとしての鋭いレスポンスとコントロール性、つまり踏めば踏んだだけのパワーが出る感覚を狙ってきました。

幸い、私たちには「VVEL」という強力な武器がありました。

あらゆる回転域でバルブ作動角とリフト量を自由に設定できるこのシステムを駆使することでチューニングの幅が大きく広がったのです。“Z”のエンジンは全開か全閉かという踏み方でなく、

リズムを持って微妙なアクセル操作をするようなテクニックを持つドライバーなら、その楽しさはさらに大きくなることでしょう。さらに、トップエンドまで軽々と吹け上がりながら、時にはギヤチェンジをサボった走りもできるトルクの太さも兼ね備えている。

そういう守備範囲の広さ、余裕がドライバーに安心感を与えるはずです。


VQ37VHRエンジン

VQ37VHRエンジン

クリップ

関連情報

見積りシミュレーション
見積りシミュレーション
カタログ請求
カタログ請求

DRIVEN ENGINE 手なずけるエンジン

VVEL(バルブ作動角・リフト量連続可変システム)

通常のエンジンではスロットルバルブで吸気量をコントロールしますが、「VVEL」ではアクセルペダルの踏み込み量に応じて、エンジンの吸気バルブの作動角とリフト量を可変制御し、吸気バルブで直接吸入空気量をコントロールします。


back
エンジン
next
  • not_current_page
  • not_current_page
  • current_page
  • not_current_page
  • not_current_page

フェアレディZ Webカタログ

Webカタログ トップ

このクルマの魅力

エクステリア

インテリア

グレード・価格

機能・快適性

ナビ・オーディオ・ETC

走行性能

環境・安全・品質

スペック・標準装備

オプションパーツ

NISMO

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)