このクルマの魅力
先進機能と環境性能
X-TRAIL
過去に閲覧したページの履歴

先進テクノロジーを駆使して、さらに進化した環境・安全性能。

クリップ

ADVANCED TECHNOLOGY EMERGENCY BRAKE PACKAGE

エクストレイルの「エマージェンシーブレーキ」「LDW(車線逸脱警報)」搭載車は、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構による平成26年度自動車アセスメントの予防安全性能評価で、最高評価となる「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得。その高い安全性能が実証されました。

クリップ

EMERGENCY BRAKE PACKAGE “エマージェンシーブレーキ パッケージ”

■前方安全支援

クリップ

エマージェンシーブレーキ*2*3日産初*1  

フロントカメラで前方の車両や歩行者を検知。衝突の可能性が高まるとメーター内のディスプレイ表示やブザーによりドライバーに回避操作を促す。万一、ドライバーが安全に減速できなかった場合には、緊急ブレーキを作動させて衝突を回避、または衝突時の被害や傷害を軽減する。エクストレイルは、「ぶつからないクルマ」にこだわり、衝突回避性能を向上するための最先端テクノロジーを積極的に採用している。

エマージェンシーブレーキ (技術開発の取り組み)

■前後方安全支援

踏み間違い衝突防止アシスト*2  

駐車操作などで、クリープ走行を含む低速走行時、進行方向に壁などの障害物がある場合に、万一ブレーキ操作が遅れ障害物と衝突する危険を察知したり、アクセルペダルをブレーキペダルと間違えて踏み込んでしまったときに、ドライバーにメーター内のディスプレイ表示とブザーで警告。さらに、自動的にエンジン出力やブレーキを制御することで、障害物への衝突防止や過度の加速の防止を支援する。壁はもちろん、コンビニなどのガラスも認識し、前進時にも後退時にも衝突回避をアシストする。

踏み間違い衝突防止アシスト (技術開発の取り組み)

■側方安全支援

クリップ

LDW(車線逸脱警報)*2

フロントカメラによりレーンマーカーを検知し、意図せずに走行車線から逸脱しそうな場合、メーター内のディスプレイ表示とブザーで注意を喚起する。

LDW(車線逸脱警報) (技術開発の取り組み)

進入禁止標識検知*2日産初*1

フロントカメラにより前方の車両進入禁止標識を検知し、進入禁止路へ進入する可能性がある場合に、ドライバーにメーター内のディスプレイ表示とブザーで知らせる。

*1 2013年9月現在 自社調べ。
*2 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
*3 エクストレイルのエマージェンシーブレーキは、約10~80km/hの範囲で作動します。停止している車両、または歩行者に対しては、約60km/h以上では作動しません。また約30km/h以下で衝突回避の能力があります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

クリップ
“エマージェンシーブレーキ パッケージ”について   詳しくはこちら

ADVANCED TECHNOLOGY SAFETY SUPPORT

クリップ

SAFETY SUPPORT セーフティサポート

■全方向安全支援

アラウンドビューモニター(MOD〔移動物 検知〕機能付)*2*3*6*7

クルマを上空から見下ろしているかのように、直感的に周囲の状況を把握できるアラウンドビューモニターを新たに採用。4つのビュー(「トップビュー」「フロントビュー」「サイドブラインドビュー」「バックビュー」)を切り替えることで、狭い場所での駐車でも周囲が映像で確認できる。さらに周囲の移動物を検知し、ディスプレイ表示とブザーでドライバーの注意を促すMOD(移動物 検知)機能により、安心感を高めている。

アラウンドビューモニター(MOD[移動物 検知]機能付) (技術開発の取り組み)

インテリジェントパーキングアシスト*2*4*5日産初*1

アラウンドビューモニターに加え、日産で初めてインテリジェントパーキングアシストを採用。車庫入れや縦列駐車を自動操舵でサポートすることにより、駐車のわずらわしさを飛躍的に解消。運転が苦手な方でも駐車がスムースに行える。

インテリジェントパーキングアシスト (技術開発の取り組み)

■側方安全支援

クリップ

BSW(後側方車両検知警報)*2日産初*1

リヤカメラにより、死角になりやすい後側方の車両を検知。車線変更するとき、隣接車線に車両がいる場合は、警報によって注意を喚起する。

BSW(後側方車両検知警報) (技術開発の取り組み)

ふらつき警報*2日産初*1

ハンドル操作から運転者の注意力が低下していると判断したときに、メーター内のディスプレイ表示とブザーによりドライバーに休憩を促す。

*1 2013年9月現在 自社調べ。
*2 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
*3 MOD(移動物 検知)機能は自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。
*4 乗車人員、積載量、空気圧等の車両状態や、勾配などの路面状態により、目標駐車枠に対して実際の駐車位置にズレが生じる場合があります。
*5 自動で障害物を回避する機能はありません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認し、適切な運転操作を行ってください。
*6 モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
*7 車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物やクルマが倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。

クリップ
セーフティサポートについて   詳しくはこちら

クリップ

アドバンスドドライブアシストディスプレイ

車両情報を的確に伝える先進的なディスプレイを、メーターの中央部に搭載。視認性の高い5インチの大型カラーディスプレイにグラフィカルに表示することで、クルマの状況を瞬時に読み取ることが可能となる。また、各種表示機能のON/OFFをはじめ、表示されるクルマのボディカラーの選択も自分仕様にカスタマイズできる。

アドバンスドドライブアシストディスプレイ

クリップ

クリップ

ファインビジョンメーター

優れた視認性と精緻なデザイン性を兼ね備えたファインビジョンメーターを採用。中央にはエコドライブサポート機能も備えたアドバンスドドライブアシストディスプレイを配置している。

ファインビジョンメーター

エコドライブサポート表示

メーター中央のアドバンスドドライブアシストディスプレイには、クルマがアクセルの踏み方をアドバイスするエコドライブナビゲーターを表示。さらに平均燃費と瞬間燃費を同時に表示し、現在の運転の良し悪しも把握できるので、ゲーム感覚でエコドライブが楽しめる。またハイブリッド車には、エネルギーの流れがわかるハイブリッドエネルギー表示を採用。「回生ブレーキでの充電中」「省燃費のモーター走行中」などが逐一把握でき、さらなるエコドライブが図れる。

エコドライブサポート表示

*1 ECOモードON時のみ
*2 ハイブリッドエネルギー表示について詳しくは「ハイブリッド車の走り・専用装備」ご覧ください。

ECO DRIVING
クリップ

ハイパワーと低燃費を両立
直噴MR20DDエンジンをはじめ、アイドリングストップ、新エクストロニックCVT、低燃費タイヤの採用、さらに車両の軽量化、空力性能の向上などにより、トルクフルな走りと燃費性能の両立を実現している。

免税・減税措置の適用
エクストレイルのハイブリッド全車*7は、免税措置*8が適用される。またガソリン全車*9は、減税措置*8が適用される。

燃料消費率〉について *3燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。

*4 ガソリン 3列シート車はオプション装着の組み合わせによって16.0km/Lとなります。
*5 20X、20X “エマージェンシーブレーキ パッケージ”はオプション装着の組み合わせによって15.6km/Lとなります。
*6 ハイブリッド 4WD車はオプション装着の組み合わせによって19.6km/Lとなります。
*7 エコカー減税 自動車取得税および自動車重量税:購入時全額免税(自動車重量税は車検1回目も免税)。グリーン税制 自動車税:-75%。
*8 エコカー減税 自動車取得税:2017年3月末までの登録車、自動車重量税:2017年4月末までの登録車。グリーン税制 自動車税:2017年3月末までの登録車(登録の翌年度から1年間適用)。
*9 エコカー減税 自動車取得税:-40%、自動車重量税:-25%。

クリップ
ECO DRIVINGについて   詳しくはこちら

究極の使い勝手

クリップ

関連情報

見積りシミュレーション
見積りシミュレーション
カタログ請求
カタログ請求


back
先進機能と環境性能
next
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • current_page
  • not_current_page

エクストレイル Webカタログ

Webカタログ トップ

このクルマの魅力

エクステリア

インテリア

グレード・価格

走行性能

機能・快適性

先進安全装備

ナビゲーション

環境・品質

スペック・標準装備

オプションパーツ

特別仕様車

AUTECH

NISMO PARTS

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)