走行性能
ハイブリッド車のパフォーマンス
SKYLINE
過去に閲覧したページの履歴

世界初*1の操舵感と、ハイブリッドの安定感のある走りを堪能する。不意の雨でも路面を正確にトレースし、風を切り裂いてゆく。

クリップ

*1ステアリングの動きを電気信号に置き換えてタイヤを操舵するシステムの量産車搭載が世界初。ハイブリッド車に標準装備。(2013年11月現在 自社調べ)

卓越した走行性能と環境性能を両立した、革新のハイブリッドシステム。

圧倒的な走行性能とクラス*2トップレベルの環境性能を実現する、インテリジェントなパワートレイン。

クリップ

ハイブリッド車には、日産独自のハイブリッドシステムを搭載。シンプルで高効率な1モーター2クラッチ方式インテリジェント デュアル クラッチ コントロールの搭載をはじめ、高出力なリチウムイオンバッテリーなどを採用し、4ドアセダンクラス*2トップレベルの環境性能を実現。環境への貢献度を高めています。また、モーターのみの静かでなめらかな走りに磨きをかけたことにより、EV走行領域を拡大し、市街地だけでなく高速走行時でも燃費を向上。さらにエンジンとモーターがもたらす圧倒的な加速性能など、進化を続けるセダンに相応しいパフォーマンスを発揮します。

*2 排気量3.0L以上の4ドアセダン(2013年11月現在 自社調べ)。
※イラストは機構のレイアウトを紹介するためのイメージです。

圧倒的な走行性能とクラス*2トップレベルの環境性能を実現する、インテリジェントなパワートレイン。

クリップ
“Intelligent Dual Clutch Control” Hybrid System

*4 数値はハイブリッド(2WD)車。
*5 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。

このクラスのセダンに相応しい、ダイナミックなプロポーションと快適な居住性が共存。

熟成の新世代FR-Lプラットフォームがもたらすロングノーズ、ショートデッキの流麗なプロポーション。心高ぶる走りに駆り立てるワイド&ローなスタイリング。ボディ全体の高剛性化を図りながら軽量化を達成し、ハンドリングの応答性を高める高剛性ボディ構造、Cd値0.26とゼロリフトを実現した高レベルの空力性能など、卓越した走行性能を支えるプラットフォームがもたらすメリットを余すことなく発揮します。また、全高を低くしたプロポーションでありながら、室内は寸法以上の広々感を演出。特に後部座席の広さ感を向上し、後席ニールームはこのクラスのセダンに相応しいゆとりを確保。シートに疲労を低減する仕様を施すなど、優れた乗り心地を追求しました。さらにコンパクトなリチウムイオンバッテリーにより、実用性の高いトランクルーム容量を確保しています。

クリップ

Hybrid System

モーター走行時には停止したエンジンを分離。ロスをなくし、環境性能に活かす1モーター2クラッチ方式のインテリジェント デュアル クラッチ コントロール。

クリップ

ハイブリッド車は、1つのモーターで走行と発電を行う効率的なシステムを搭載しています。2つあるクラッチのうち1つは、エンジンとモーター間の接続に使用。停止したエンジンをモーターと完全に切り離すことによりモーターへの負荷をなくし、出力をロスすることなく走行に活かします。もう1つのクラッチは、発進時と変速時に使用。モーターの回転を瞬時に制御して、エンジン始動時やクラッチをつなぐときのショックを絶妙に吸収。これらの高度な制御技術により、ダイレクト感のあるレスポンスに優れた走りをもたらします。

Hybrid System

クリップ
Hybrid System

モーターとエンジンの得意な領域を上手に使い分け、状況に応じて効率のよい走りを選択。

クリップ

発進から高速までの幅広いモーター走行領域。エンジンとモーターによる圧倒的なフル加速性能。エンジンで効率よく走行しながらの発電。そして減速エネルギーを電気に変換する回生ブレーキ。
スカイラインは、モーターとエンジンそれぞれの特性を最適にチューニングすることで、高いエネルギー効率と走らせる楽しさを追求しました。

Hybrid System

クリップ
モーターとエンジンの得意な領域を上手に使い分け、状況に応じて効率のよい走りを選択。

*6 始動直後、バッテリーの残量が少ない場合や、アクセルの踏み込み量が大きい場合はエンジンがかかります。
※イラストは仕組みを説明するためのものであり、実際の配置とは異なります。


FR車用ハイブリッドシステム(インテリジェントデュアルクラッチコントロール)(技術開発の取り組み)

クリップ

Performance

高い動力性能だけではなく、高い環境性能を両立した走りを実現する、V6 3.5L DOHCエンジン+高性能モーター+リチウムイオンバッテリー。

クリップ

官能的なパワーフィールで定評のVQ35HRエンジンはハイブリッド用に進化。高い動力性能とともに各部のフリクションを低減することで、より効率を高めています。モーターの低回転時から最大トルクが立ち上がる特性と、ハイパワーなリチウムイオンバッテリーのコンビネーションにより、あらゆる走行シーンでスムースかつ力強い走りを実現。さらにスカイラインはモーターのみの走行領域をさらに拡大。バッテリーの充電状態やドライバーのアクセル操作に応じて、発進時から高速走行時に至るまで、モーター単独の走行を可能にしています。そしてフル加速時には、モーターがエンジンをアシストして圧倒的なパワーを発生。胸のすく加速性能を体感できます。

Performance

クリップ

ハイパワーでコンパクトなリチウムイオンバッテリーを搭載。

クリップ

モーターによる走行領域を広げる高い出力と、高速のモーター制御を可能にした素早い充放電能力を持つリチウムイオンバッテリー。高出力を実現する薄いラミネート構造のセルや安定性の高いマンガン系の電極材料などの最新技術を採用。さらに安全性を考慮して、バッテリー本体の強度を高めています。

ハイパワーでコンパクトなリチウムイオンバッテリーを搭載。

クリップ

精密なモーター制御システムによるクラッチ操作で、レスポンスの良い安定した走りを実現。

クリップ

スカイラインのインテリジェント デュアル クラッチ コントロールは一般的なトルクコンバーターを使用せず、クラッチの接続や切り離しを直接的に実施。モーターを素早く制御し、回転を合わせてクラッチをつなぐ高度なシステムによりショックを感じさせないシームレスな変速と、レスポンスがよくダイレクト感あふれる変速を満喫できます。さらにマニュアルモード付電子制御7速ハイブリッドトランスミッションの変速特性をモーター出力特性に合わせて最適化。発進時からレスポンスが良く息の長い伸びやかな加速フィーリングを愉しめます。

精密なモーター制御システムによるクラッチ操作で、レスポンスの良い安定した走りを実現。
クリップ

優れた走破性を実現する日産初のハイブリッド4WD。 グレード別設定

クリップ

4WDシステムにはアテーサE-TS(電子制御トルクスプリット4WD)を採用。前後輪へのトルク配分に加え、インバーターによる高精度な制御により4WD走行時のモーターとエンジン出力のバランスを最適化。4WD本来のすぐれた走破性を生かしながら、モーターアシスト効果でよりスムースで安定感の高い走りを楽しめます。

優れた走破性を実現する日産初のハイブリッド4WD。

クリップ

スカイラインの上質な乗り心地を支えるサスペンション。

クリップ

フロントにはダブルウィッシュボーン式、リヤには新開発のマルチリンク式サスペンションを採用。リヤサスペンションは、アルミ材の多用による軽量化、リンクジオメトリーとブッシュ特性の最適化、ダンパーとスプリングの同軸化などのきめ細かなチューニングを施しています。

スカイラインの上質な乗り心地を支えるサスペンション。

クリップ

●ECOペダル グレード別設定

アクセルペダルの反力(触覚)とメーター内のECOドライブインジケーターの点灯、点滅(視覚)により、クルマがドライバーのエコドライブをサポートするシステムです。

ECOペダル(エコペダル)(技術開発の取り組み)

クリップ

●歩行者の接近車両に対する認識を向上させる車両接近通報装置(ハイブリッド車)

静かなEVモード走行時*7に、外部のスピーカーから音を発して車両が接近していることを知らせます。

*7 発進加速時(30km/hまで)、走行中に25km/hまで減速した場合、後退時に作動。またスイッチ操作で音を一時停止でき、その際にはメーター内のインジケーターに表示。

クリップ

関連情報

見積りシミュレーション
見積りシミュレーション
カタログ請求
カタログ請求


ハイブリッド車のパフォーマンス
next
  • current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page

スカイライン Webカタログ

Webカタログ トップ

このクルマの魅力

エクステリア

インテリア

グレード・価格

機能・快適性

ナビ・オーディオ

走行性能

環境・安全・品質

スペック・標準装備

オプションパーツ

特別仕様車

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)