環境・安全・品質
安全性能
SKYLINE
過去に閲覧したページの履歴

スカイラインの安全性能をご紹介。

クリップ
SAFETY SHIELD
 

通常運転から衝突後まで、クルマが状況に応じて様々なバリア機能を働かせ、少しでも危険に近づけないようサポートし続けます。

ASV+ 先進安全車
JNCAP予防安全性能評価で最高ランクを獲得
スカイラインの「エマージェンシーブレーキ」「LDP(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)」搭載車は、国土交通省と独立行政法人 自動車事故対策機構による平成26年度自動車アセスメントの予防安全性能評価において、満点で最高評価となる「先進安全車プラス(ASV+)」を獲得。その高い安全性能が実証されました。(試験車両:200GT-t Type P)


通常運転から衝突後まで、クルマが状況に応じて様々なバリア機能を働かせ、少しでも危険に近づけないようサポートし続けます。

日産初*1の全方位運転支援システムを採用。

*1 前方、側方、後方、全方向での安全性能を高めた運転支援システムが日産初(2013年11月現在 自社調べ)。

クリップ

前方

PFCW(前方衝突予測警報)(注)  世界初*2  

2台前を走る車両の車間・相対速度を新型ミリ波レーダーでモニタリング。自車からは見えない前方の状況の変化を検知し、減速が必要と判断した場合に はディスプレイ表示とブザーによる警報でドライバーに注意を促し、ブレーキの踏み遅れが原因となって引き起こされる玉突き事故を未然に防ぎます。


*2 2台前を走る車両の車間・相対速度を新型ミリ波レーダーでモニタリングするシステムが世界初(2013年11月現在 自社調べ)。

クリップ

PFCW(前方衝突予測警報)


自車からは見えない前方の状況の変化を検知し玉突き事故の防止を支援

クリップ

●エマージェンシーブレーキ(注) 

クリップ

ミリ波レーダーで前方車両との衝突の危険を検知すると、ディスプレイ表示やブザーに加え、アクセルペダルの反力と緩やかなブレーキングによる直感的な警報でドライバーに回避操作を促し、衝突回避をサポート。万一、ドライバーが回避操作を行わない場合には緊急ブレーキを作動して衝突を回避、または被害を軽減します。


※スカイラインのエマージェンシーブレーキは、約5km/h以上で前方の車両に作動します。停止している車両に対しては、約70km/h以上では作動しません。また約60km/h以下で衝突回避の能力があります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

クリップ
エマージェンシーブレーキ


前方車両との衝突の危険を検知すると衝突回避を支援

クリップ

●インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト) 

クリップ

頻繁に加減速を繰り返す状況で車間を維持する操作をアシストし、ドライバーの負担を軽減するシステムです。先行車との距離や速度に応じてドライバーの操作をアシストし、負担を軽減。ドライバーがアクセルを踏んだままの場合はアクセルペダルを押し戻し、アクセルを戻す操作を支援します。


1 追従走行中の先行車が近づいたとき、アクセルペダルを戻すと、システムがなめらかにブレーキをかけて減速します。

2 ドライバーがアクセルペダルを踏んだままの場合はアクセルペダルを押し戻す方向に力を発生させ、アクセルペダルを戻す操作を支援します。ドライバーがアクセルペダルを戻すと、なめらかにブレーキ制御を行います。

3 ドライバーによるブレーキ操作が必要だとシステムが判断した場合は、表示と音で警報し、アクセルペダルを押し戻す方向に力を発生させ、アクセルペダルからブレーキペダルへの踏みかえを支援します。

インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)

インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)(技術開発の取り組み)

●インテリジェントクルーズコントロール 

クリップ

ドライバーが設定した車速を上限として、停止~約100km/hの範囲で先行車との車間を保つよう走行。つねに車速を制御してドライバーの負担を軽減するとともに、快適な走行を提供します。

インテリジェントクルーズコントロール(全車速追従・ナビ協調機能付)(技術開発の取り組み)

インテリジェントクルーズコントロール
クリップ

クリップ

●ハイビームアシスト  日産初*3  、アクティブAFS グレード別設定

クリップ

ハイビームアシストは周囲の明るさから対向車や先行車、街灯の有無などを室内カメラのセンサーが検知して、ハイビームとロービームを自動で切り替え。前方視界の確保と、手動で切り替えるわずらわしさを軽減します。また、アクティブAFSはステアリング操作に連動して自動的にヘッドランプの照射範囲を変化させることで、右左折時やコーナリング時の視認性を向上させます。


*3 周囲の明るさから対向車や街灯の有無などを検知してハイビームとロービームを自動で切り替えるシステムが日産初(2013年11月現在 自社調べ)。

ハイビームアシスト 、アクティブAFS

アクティブAFSは進行方向にヘッドランプの照射範囲を変化させます。

クリップ

側方

BSI(後側方衝突防止支援システム)(注)  日産初*4   /BSW(後側方車両検知警報)(注)

クリップ

車両後部の左右に設置したサイドセンサーで死角になりやすい後側方の隣接レーンの車両を検知。サイドミラー横のインジケーターでお知らせします。さ らに隣接レーンに車両がいる時にドライバーがレーンチェンジを開始すると、サイドミラー横のインジケーターとブザーで警報を発するとともに、車両を元の レーン内に戻す方向に力を発生。隣接レーンの車両との接触を回避するように運転操作を支援します。


*4 後側方の隣接レーンの車両を検知して車両との接触を回避するように運転操作を支援するシステムが日産初(2013年11月現在 自社調べ)。

クリップ
BSI(後側方衝突防止支援システム)/BSW(後側方車両検知警報)


隣接レーンの車両との接触を回避するように運転操作を支援

●LDP(車線逸脱防止支援システム)(注)/LDW(車線逸脱警報)(注)

LDW(車線逸脱警報)は、意図せずに走行車線を逸脱しそうな場合、ブザーとディスプレイ表示で注意を喚起。さらにLDP(車線逸脱防止支援システム)が車線内に戻す方向に力を短時間発生させ、ドライバーがクルマを車線内に戻す操作を促します。

LDP(車線逸脱防止支援システム) / LDW(車線逸脱警報)
LDP(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)

LDP:レーンデパーチャープリベンション(技術開発の取り組み)

クリップ


車線からの逸脱を検知すると車線内に戻す操作を支援

クリップ

後方

●BCI(後退時衝突防止支援システム)(注)  日本初*5  

クリップ

車両後部の左右に設置したサイドセンサーと車両後部のソナーにより、後方を横切る車両を検知。サイドミラー横のインジケーターやバックビューモニターのディスプレイ上の表示と音でドライバーの注意を喚起します。さらに後退時にはアクセルペダルの反力や自動ブレーキなど車両の動きを加えることにより状況をドライバーに直感的に伝え、接近する車両との接触を回避するよう運転操作を支援します。


*5 後方に接近する車両との接触を回避するよう運転操作を支援するシステムが日本初(2013年11月現在 自社調べ)。

●エマージェンシーストップシグナル


高速走行時に急ブレーキをかけると、ストップランプが自動的に点滅し後続車に急ブレーキを知らせ、注意を促します。

BCI(後退時衝突防止支援システム)


後退時の衝突回避を支援

クリップ

全方向

●アラウンドビューモニター(MOD〔移動物 検知〕機能、駐車ガイド機能)*6*7*8*9*10*11

クリップ

駐車時などで車両を空から見下ろしているような視点で周囲を表示。さらに周囲の移動物を検知し、アラウンドビューモニターのディスプレイ上の表示と音でドライバーの注意を喚起します。


*6 サイドブラインドビュー、フロントビュー、フロントワイドビュー、リヤワイドビュー、バックビューも表示します。
*7 Nレンジ・Pレンジではトップビュー、Dレンジではフロントビュー、Rレンジではバックビューで横切るものを検知します。
*8 モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
*9 車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物や車両が不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、物や車両が倒れ込み、実際の位置より遠くに表示されることがあります。
*10 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。
*11 MOD(移動物 検知)機能は自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。


アラウンドビューモニター(技術開発の取り組み)

アラウンドビューモニター(駐車ガイド機能付)(技術開発の取り組み)

移動物 検知(Moving Object Detection)(技術開発の取り組み)

アラウンドビューモニター(MOD〔移動物 検知〕機能、駐車ガイド機能)


車両を空から見下ろしているような視点で周囲を表示

クリップ

いつでも安心して運転できるようドライバーをサポートします。

クリップ
ランフラットタイヤ

ランフラットタイヤ

より高い安全、安心感をもたらすランフラットタイヤを全車に採用。タイヤのサイド部にある補強ゴム層により、万一タイヤがパンクして・・・

タイヤ空気圧警報システム

タイヤ空気圧警報システム

タイヤの空気圧がメータ内に表示されリアルタイムに確認できるため、安全運転に貢献。空気圧が減少する・・・

安全運転支援システム(DSSS対応)

安全運転支援システム(DSSS*12対応)

出会い頭の事故が多発する見通しの悪い交差点において、路上のインフラ設備との通信*13により、車両に危険(出会い頭衝突、一時停止・・・

小学校付近での安全運転ガイド

小学校付近での安全運転ガイド

小学校周辺のスクールゾーンなどで、車両のリアルタイムな走行情報(車速、アクセル開度、ブレーキ状態)などをもとに、安全運転の注意・・・

クリップ

危険な状態になりそうなときも安全な状態に戻すようドライバーをサポートします。

VDC(ビークルダイナミクスコントロール〔TCS機能含む〕)

車両の挙動の安定性を向上させる従来機能に、コーナーでのブレーキング時のなめらかな制動機能、ブレーキフィールの向上機能、コーナリング時のスタビリティ向上機能が加わりました。

VDC(ビークルダイナミクスコントロール〔TCS機能含む〕)

クリップ

●横滑り防止機能

各種センサー(舵角、ブレーキ圧力、車輪速、ヨーレイト、前後G、横G)により、ドライバーの運転操作や車速などを検知し、ブレーキ圧やエンジン出力を自動的に制御。滑りやすい路面やコーナリング、障害物を回避する際に発生する横滑りを軽減し、車両の安定性を向上させ、走行時の安心感を高めます。

●コーナリングスタビリティアシスト機能

カーブの多い山道や高速道路などで、安心感のある滑らかなコーナリングを実現するために、ドライバーのハンドル操作やアクセル/ブレーキ操作からドライバーの意図を読みとり、走行状況に応じて適切に四輪それぞれのブレーキをVDCシステムを用いて制御。たとえば予想以上にカーブがきつかった時、ハンドルの切り増しに合わせてブレーキ制御を行うことで、タイヤの能力を適切に利用でき、意のままにコーナーを駆け抜けることができます。

●ブレーキ効き感向上機能

走行状態に応じて、ドライバーの踏力に対する制動力を補正することにより、ドライバーの意思を反映するように「効きが良い」と感じられるブレーキフィールを提供します。

●左右制動力配分機能

ブレーキング時にカーブに応じて各輪制動力を配分制御することで、安心感のあるなめらかな制動ができるようになります。

●PFCW(前方衝突予測警報)(注)  世界初*2 

●LDP(車線逸脱防止支援システム)(注)/LDW(車線逸脱警報)(注) 

●BSI(後側方衝突防止支援システム)(注)  日産初*14  /BSW(後側方車両検知警報)(注)

●BCI(後退時衝突防止支援システム)(注)  日本初*15   

●エマージェンシーブレーキ(注) 

●エマージェンシーストップシグナル

*2 2台前を走る車両の車間・相対速度を新型ミリ波レーダーでモニタリングするシステムが世界初(2013年11月現在 自社調べ)。
*14 後側方の隣接レーンの車両を検知して車両との接触を回避するように運転操作を支援するシステムが日産初(2013年11月現在 自社調べ)。
*15 後方に接近する車両との接触を回避するよう運転操作を支援するシステムが日本初(2013年11月現在 自社調べ)。

クリップ

ヒルスタートアシスト
車両が坂道にいることを検出すると、ブレーキペダルから足を離した後も最大2秒間ブレーキの圧力を保持(平坦路に近いような場所では作動しません)。余裕を持ってブレーキからアクセルへの踏み替えが行えるため、安心感のある坂道発進をアシストします。

ヒルスタートアシスト

ヒルスタートアシスト(技術開発の取り組み)


(注)運転支援システムのご注意
アクティブレーンコントロール、PFCW、BSI/BSW、エマージェンシーブレーキ、LDP/LDW、BCIなどの運転支援システムは、ドライバーの安全運転を補助するためであり、あらゆる状況での衝突回避や、障害物の検知・警報、運転支援をするものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。

クリップ

万一衝突が避けられないときに被害を最小限にとどめます。

運転席・助手席SRSエアバッグ、運転席・助手席SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ

運転席・助手席SRSエアバッグ/運転席・助手席SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ

運転席・助手席SRSエアバッグ・・・

歩行者傷害軽減ボディ(ポップアップエンジンフード付) / 高強度安全ボディ(ゾーンボディ)

歩行者傷害軽減ボディ(ポップアップエンジンフード付) / 高強度安全ボディ(ゾーンボディ)

万一歩行者と前面衝突した際、エンジンなどの固いものから歩行者の頭部を守ることを・・・

前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト(コンフォート機能付)

前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト(コンフォート機能付)

緊急ブレーキであると判断した時やブレーキアシストのブレーキ制御が開始される・・・

●ロードリミッター付プリテンショナーシートベルト〈後席左右〉

衝突時には、まずプリテンショナー機構がシートベルトのたるみを瞬時に巻き取り、乗員の拘束開始を早めます。さらにロードリミッター機構により、シートベルトの荷重を下げ、乗員への衝撃を緩和します。

前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト(技術開発の取り組み)

クリップ

ディーラーオプション

ウインドウ撥水 12ヶ月

ウィンドウ撥水 12ヶ月
雨の日もはっきり見える安心感。ガラス撥水処理と専用リフィールで高い撥水効果を持続します。

いつでも安心して運転できるようドライバーをサポートします。

ランフラットタイヤ

19インチ

17インチ

より高い安全、安心感をもたらすランフラットタイヤを全車に採用。タイヤのサイド部にある補強ゴム層により、万一タイヤがパンクして空気が完全に抜けた状態でも車両を支え、時速80km/hで150kmほどの距離を走行し続けることができます。また、スペアタイヤは装備されません。

※走行距離は気候や積載条件、走行環境により変動します。

いつでも安心して運転できるようドライバーをサポートします。

タイヤ空気圧警報システム

タイヤの空気圧がメーター内に表示されリアルタイムに確認できるため、安全運転に貢献。空気圧が減少するとタイヤ空気圧警報システムのウォーニングランプが点灯して注意を促します。また、空気圧が不足している車輪を特定する輪位置表示機能により正確な情報把握が可能です。

いつでも安心して運転できるようドライバーをサポートします。

安全運転支援システム(DSSS*12対応)

出会い頭の事故が多発する見通しの悪い交差点において、路上のインフラ設備との通信*13により、車両に危険(出会い頭衝突、一時停止規制見落とし、信号見落とし、赤信号停止車両への衝突)が生じる可能性があると判断した場合、音声ガイドと画面表示でドライバーに注意を喚起。なお、情報提供の必要性は、走行状況に応じクルマ側で判断します。

*12 DSSSはDriving Safety Support Systemsの略。警察庁とその所管法人である社団法人新交通管理システム(UTMS)協会が継続的に推進しているプロジェクトであり、道路とクルマが連携し、センサーやDSSS用光ビーコンによる路車間通信などの最新のITS(Intelligent Transport Systems)テクノロジーを駆使して交通事故の削減を目指すシステム。
*13 別途、ディーラーオプションの「VICS(ビーコン)対応キット」が必要です。
※安全運転支援システム(DSSS)には限界がありますので、ドライバーはシステムを過信せず、常に安全運転を心がけてください。
※安全運転支援システム(DSSS)は、路上のインフラ設備との通信により取得する情報を利用しているため、インフラ設備が設置されていない交差点では作動しません。また、インフラ設備が設置されている交差点でも、インフラ設備との通信が正常に行われない場合には、適切に注意喚起を行えない場合があります。
※取扱説明書に、安全運転支援システム(DSSS)についての重要な注意事項が記載されておりますので、必ずお読みください。

いつでも安心して運転できるようドライバーをサポートします。

小学校付近での安全運転ガイド


小学校周辺のスクールゾーンなどで、車両のリアルタイムな走行情報(車速、アクセル開度、ブレーキ状態)などをもとに、安全運転の注意を促す必要があると車両が判断した場合、音声ガイドとディスプレイ表示により、ドライバーへ注意を促します。


・ 小学校付近での安全運転ガイドには限界がありますので、ドライバーはシステムを過
   信せず、常に安全運転を心がけてください。
・ ナビゲーションの情報を利用しているため、走行条件などにより自車位置がずれてい
   る場合(ナビゲーションの地図に無い道路を走行しているとき、道路環境が変化して
   いる道路〔工事による道路形状の変更等〕など)や小学校の新設などによりナビゲー
   ションの情報と実際の小学校の状況とが異なる場合には、適切に注意喚起を行えな
   い場合があります。
・ 取扱説明書に、小学校付近での安全運転ガイドについての重要な注意事項が記載さ
   れておりますので、必ずお読みください。

万一衝突が避けられないときに被害を最小限にとどめます。

運転席・助手席SRSエアバッグ/運転席・助手席SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグ

運転席・助手席SRSエアバッグ、運転席・助手席SRSサイドエアバッグ、SRSカーテンエアバッグを全車に標準装備。SRSカーテンエアバッグは側面衝突時の前後席の乗員頭部、SRSサイドエアバッグは運転席・助手席の乗員胸部や腹部や腰部を保護し、乗員への衝撃緩和を高いレベルで実現しています。


※運転席・助手席SRSエアバッグは万一の前面衝突の際に、シートベルトを補助して乗員への衝撃を緩和する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。運転席・助手席SRSエアバッグ、SRSサイドエアバッグおよびSRSカーテンエアバッグは衝突の条件によって作動しない場合があります。「運転席・助手席SRSエアバッグ付き車では、助手席にチャイルドシートを後ろ向きに付けない」事や、その他の重要な警告と注意事項があります。詳しくは取扱説明書に記載されておりますので、必ずお読みください。※エアバッグは撮影のため、膨らませた状態を再現したものです。なお、SRSサイドエアバッグおよびSRSカーテンエアバッグは実際の衝突時には衝突側のみ膨らみます。SRS:Supplemental Restraint System(補助拘束装置)

万一衝突が避けられないときに被害を最小限にとどめます。

歩行者傷害軽減ボディ(ポップアップエンジンフード付) / 高強度安全ボディ(ゾーンボディ)

歩行者傷害軽減ボディ(ポップアップエンジンフード付)

高強度安全ボディ(ゾーンボディ)

歩行者と前面衝突した際、歩行者の頭部がエンジンフードへ衝突した時の衝撃を緩和することを目的としたポップアップエンジンフードを採用。ボンネットやフェンダー、カウル周辺部のエネルギー吸収性を向上して、頭部への衝撃を緩和する歩行者傷害軽減ボディとしています。さらに、1.2GPaの高成形性超高張力鋼板を採用し、高強度キャビンと衝撃吸収ボディからなるゾーンボディをさらに高強度化。自車の保護性能の向上と相手車両への加害性の低減を両立し、生存空間をしっかり確保するコンパティビリティ対応ゾーンボディとしています。

万一衝突が避けられないときに被害を最小限にとどめます。

前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト(コンフォート機能付)

緊急ブレーキであると判断した時やブレーキアシストのブレーキ制御が開始されると、シートベルトを自動的に巻き取る緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルトを前席に装備。緊急ブレーキ操作による乗員の姿勢変化を抑え、衝突回避のための運転操作を容易にして安心感を提供します。衝突が避けられない場合でも、より早く確実に乗員を拘束することで、エアバッグ等、他の安全装備の効果を最大限に引き出します。また、前席シートベルトには、装着時の圧迫感を軽減するコンフォート機能を採用。


※前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルトについての重要な注意事項が記載されておりますので、必ず取扱説明書をご覧ください。本装置は事故を自動的に回避するためのものではありませんので、車間距離を十分とるなど安全運転を心掛けてください。

前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト(技術開発の取り組み)

ディーラーオプション

ウインドウ撥水 12ヶ月

雨の日もはっきり見える安心感。
ガラス撥水処理と専用リフィールで高い撥水効果を持続します。

●12ヶ月間撥水効果が持続/6ヶ月間水玉が飛ぶ。
●不快なワイパーのビビリ(振動)を解消。
●油膜の付着を防止、冬場の霜取りもラクラク。

注)撥水効果の持続期間は約12ケ月ですが、ご使用の条件により異なる場合があります。時速60km以上で走行すると水玉が飛びます。ただし、雨量や車種により、水玉の飛ぶ速度が若干異なる場合があります。
・この他にも設定をご用意しております。
・本商品は、他の商品と同時装着できない場合があります。また、一部取扱いをしていない販売会社がございます。詳しくはお近くの販売会社までお問い合わせください。
・本商品は、PIT WORK 取扱い商品です。

ディーラーオプション

チャイルドセーフティシート

※体重7kg未満(参考年齢6ヶ月未満)まではインナークッションをご使用ください。
●取扱説明書でご確認の上、正しくご使用ください。

お子様連れの安心ドライブはチャイルドシート装着から

●インナークッション付
●国土交通省新基準対応
新生児対応

1.欧州の安全基準に適合したシートベルト固定タイプのベビー・チャイルド兼用モデル
2.側面衝突を考慮した「サイドガード」
3.取り回しが楽な軽量化設計
4.ベルトセットが楽な簡単装着設計

適用目安:体重9kg以上~18kg以下、身長70cm以上~100cm以下(前向きに取付け)

      :体重13kg未満、身長85cm未満(後向きに取付け)


詳しくはこちら


注1)取付位置については、車両の取扱説明書でご確認の上、正しくご使用ください。
注2)体重7kg未満(参考年齢6ヶ月未満)まではインナークッションをご使用ください。

ディーラーオプション

ジュニアセーフティシート

※体重7kg未満(参考年齢6ヶ月未満)まではインナークッションをご使用ください。
●取扱説明書でご確認の上、正しくご使用ください。

お子様連れの安心ドライブはチャイルドシート装着から

●ハイバックタイプ
●国土交通省新基準対応

1.欧州の安全基準に適合したジュニアセーフティシート
2.身長にあわせて頭部と肩部のガードが動く「フレキシブルサイズ設計」
3.折りたたんで収納できる「かんたんコンパクト設計」


適用目安: 体重:15kg以上~36kg以下、身長:100cm以上~150cm以下


詳しくはこちら


注)取付位置については、車両の取扱説明書でご確認の上、正しくご使用ください。


back
安全性能
next
  • not_current_page
  • current_page
  • not_current_page

スカイライン Webカタログ

Webカタログ トップ

このクルマの魅力

エクステリア

インテリア

グレード・価格

機能・快適性

ナビ・オーディオ

走行性能

環境・安全・品質

スペック・標準装備

オプションパーツ

特別仕様車

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)