環境・安全・品質
環境への配慮
SKYLINE
過去に閲覧したページの履歴

スカイラインの環境性能や日産の環境への取り組み「ニッサン・グリーンプログラム」をご紹介。

クリップ

ニッサン・グリーンプログラム
日産は、「人とクルマと自然の共生」を目指して、「CO2排出量低減」「エミッションのクリーン化」「資源循環」にチャレンジしてきました。
そしてこれからも、将来の世代へ誠実に責任を果たし、かけがえのない地球環境の保護に取り組んでいきます。
「ニッサン・グリーンプログラム」の詳細はこちらをご覧ください。

クリップ

スカイライン 環境への配慮

CO2排出量の削減

CO2排出量の削減

スカイラインのハイブリッド車は、「ハイブリッドシステム」「アイドリングストップ装置」「可変バルブタイミング」・・・

JC08モード燃費への対応

JC08モード燃費への対応

最近の走行実態を反映したJC08モードで試験を実施し、より実態に即した燃費情報を提供しています。

JC08モードで低排出ガス車認定を取得

JC08モードで低排出ガス車認定を取得

スカイラインは、最近の走行実態を反映したJC08モードで試験を実施し、排出ガス規制値より、NOx(窒素酸化物)・・・


エアコン冷媒

日産は2023年までに、エアコンで使用するフロン冷媒の目標GWP*1値150(国内向け年間出荷台数の加重平均値)の達成を目指しています。 スカイラインのエアコンでは、HFC-134a(GWP値1430)を500g使用しています。この冷媒は、大気放出禁止、廃棄時回収が必要です。
*1 Global Warming Potential:地球温暖化係数。

減税措置の適用

スカイラインのハイブリッド車*2 *3は減税措置*4が適用されます。
*2 エコカー減税 自動車取得税:−60%、自動車重量税:−75%。グリーン税制 自動車税:−50%。〈350GT HYBRID / 350GT HYBRID Type P / 350GT HYBRID Type P Cool Exclusive / 350GT HYBRID Type SP / 350GT HYBRID Type SP Cool Exclusive / 350GT HYBRID Type SP 60th Limited / 350GT FOUR HYBRID および 350GT FOUR HYBRID Type P、350GT FOUR HYBRID Type P Cool Exclusiveのメーカーオプション装着車(車両重量が1880kg以上の場合) / 350GT FOUR HYBRID Type SP / 350GT FOUR HYBRID Type SP Cool Exclusive / 350GT FOUR HYBRID Type SP 60th Limited〉
*3 エコカー減税 自動車取得税:−40%、自動車重量税:−50%。グリーン税制 自動車税:−50%。〈350GT FOUR HYBRID / 350GT FOUR HYBRID Type P / 350GT FOUR HYBRID Type P Cool Exclusive〉
*4 エコカー減税 自動車取得税:2018年3月末までの登録車、自動車重量税:2018年4月末までの登録車。グリーン税制 自動車税:2019年3月末までの登録車(登録の翌年度から1年間適用)。

リサイクル性の向上

資源の有効活用のために、設計段階から使用済みの段階までを考えたクルマづくりを行っています。リサイクルしやすい構造や材料の検討等を行った結果、スカイラインではリサイクル可能率95%以上*4を達成しました。

〈主な取り組み〉

● 再生された材料の使用 ● リサイクルしやすい樹脂の使用
● ゴム・樹脂への材料マーキング等
*4 ISO規格(22628:2002:AnnexA)に基づき算出。「自工会方式に対し、リユースされる対象部品が、あらかじめ規定されており、材料リサイクル対象をその材料種別でとりきめているグローバル標準方式」。

クリップ

自動車リサイクル法について
使用済み自動車を適正に処理し、資源の再利用と環境負荷物質を減らす目的で自動車リサイクル法が施行されました。この法律によりクルマの所有者、メーカー、関連事業者それぞれに役割が定められています。2005年1月1日以降、シュレッダーダスト、エアバッグ類、フロン類のリサイクル・適正処理費用としてクルマの購入時にリサイクル料金が別途必要となります。詳しくはカーライフアドバイザーにお問い合わせください。

クリップ

クリップ

関連情報

クリップ
日産自動車環境への取り組み

日産自動車環境への取り組み
持続可能なモビリティ社会の発展のために、日産が推進する環境への取り組みをご紹介しています。

環境仕様書
スカイラインの環境仕様書はこちら。

スカイライン 環境への配慮

CO2排出量の削減

スカイラインのハイブリッド車は、「ハイブリッドシステム」「アイドリングストップ装置」「可変バルブタイミング」「電動パワーステアリング」などの採用により燃費を向上させ、
350GT HYBRID / 350GT HYBRID Type P / 350GT HYBRID Type P Cool Exclusive / 350GT HYBRID Type SP / 350GT HYBRID Type SP Cool Exclusive / 350GT FOUR HYBRID および 350GT FOUR HYBRID Type P、350GT FOUR HYBRID Type P Cool Exclusiveのメーカーオプション装着車(車両重量が1880kg以上の場合)/ 350GT FOUR HYBRID Type SP / 350GT FOUR HYBRID Type SP Cool Exclusive / 350GT HYBRID Type SP 60th Limited / 350GT FOUR HYBRID Type SP 60th Limitedは「平成32年度燃費基準+20%」を、350GT FOUR HYBRID / 350GT FOUR HYBRID Type P / 350GT FOUR HYBRID Type P Cool Exclusiveは「平成32年度燃費基準+10%」を、次世代ターボ車は、「アイドリングストップ装置」「筒内直接噴射」「可変バルブタイミング」「電動油圧パワーステアリング」「充電制御」などの採用により燃費を向上させ、200GT-t / 200GT-t Type P / 200GT-t Type P Cool Exclusive / 200GT-t Type SP / 200GT-t Type SP Cool Exclusive / 200GT-t Type SP 60th Limitedは「平成27年度燃費基準+5%」を達成しました。
燃費向上によってCO2(二酸化炭素)の排出量を削減しています。さらに、メーターの燃費表示機能やカーウイングス*1のエコドライブサポートサービスによって、運転時の燃費向上およびCO2(二酸化炭素)排出量の削減をサポートしています。

*詳細はhttp://www.nissan-carwings.comをご覧ください。

スカイライン 環境への配慮

JC08モード燃費への対応

最近の走行実態を反映したJC08モードで試験を実施し、より実態に即した燃費情報を提供しています。

※数値はハイブリッド(2WD)車。その他の車種の燃料消費率については、「スカイライン:諸元表」をご覧ください。
●燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。

スカイライン 環境への配慮

JC08モードで低排出ガス車認定を取得

スカイラインは、最近の走行実態を反映したJC08モードで試験を実施し、排出ガス規制値より、NOx(窒素酸化物)、NMHC(非メタン炭化水素)の排出量を75%低減し、「平成17年基準排出ガス75%低減レベル」を達成しました。

スカイライン 環境への配慮

日産の販売会社は全店舗、日産グリーンショップ認定を取得しています。

スカイライン 環境への配慮

日産は環境への取り組みの推進を環境大臣に約束し業界をリードする「エコ・ファースト企業」に認定されました。


環境への配慮
next
  • current_page
  • not_current_page
  • not_current_page

スカイライン Webカタログ

Webカタログ トップ

このクルマの魅力

エクステリア

インテリア

グレード・価格

機能・快適性

ナビ・オーディオ

走行性能

環境・安全・品質

スペック・標準装備

オプションパーツ

特別仕様車

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)