このクルマの魅力
走りの際立ち
JUKE
過去に閲覧したページの履歴

1.6Lターボエンジンの圧倒的な加速感。ドライバーの操作にダイレクトに反応する7速マニュアルシフトのエクストロニックCVT-M7。俊敏なハンドリングを実現するALL MODE 4×4-i(トルクベクトル付)。ドライバーは、胸のすく走りを意のままに堪能することができる。

クリップ

1.6Lターボエンジン車

1.6Lターボエンジン

Photo:16GT FOUR パーソナライゼーション。ボディカラーはアズライトブルー(P)〈#RBR〉+ホワイトパーソナライゼーション。アラウンドビューモニター(MOD〔移動物 検知〕機能付)+ディスプレイ付自動防眩式ルームミラーはセットでメーカーオプション。キセノンヘッドランプ(ロービーム、オートレベライザー付、プロジェクタータイプ)、ブラック17インチアルミホイールはメーカーオプション。ヘッドランプフィニッシャー、フロントバンパーフィニッシャー、ホイールステッカーはディーラーオプション。

クリップ

圧倒的な走る楽しさへ。進化したMR16DDTエンジン。 グレード別設定

大排気量エンジンを思わせる圧倒的な加速感。アクセルを軽く踏み込むだけで感じられる俊敏なレスポンス。16GT/16GT FOURのスポーティな走りの核となるMR16DDTエンジン。コンパクトなボディへの搭載を考慮し、1.6Lエンジンと小型高効率ターボの組み合わせを採用。さらにエンジンの充填効率と燃焼効率を向上させるDIG(Direct Injection Gasoline:直噴ガソリン)機構を搭載。また、吸気側だけでなく排気側にも可変バルブタイミング機構(CVTC)を持つツインCVTCにより吸排気効率を向上させることで中低速域のトルク特性を高めている。新たに最大トルク発生回転域を引き下げることで、発進加速性能を向上。また、世界初採用*1のロープレッシャークールドEGRを始め、鏡面ボア溶射シリンダブロック、ピストンスカートのハイブリッドコート®など、各部の摩擦抵抗の低減や燃焼効率の向上などにより、高性能低燃費を実現している。
*1 直噴ガソリンターボエンジンで世界初(2014年7月現在 自社調べ)。
※ハイブリッドコートは、日立オートモティブシステムズ株式会社の登録商標です。

MR16DDT
MAX. POWER : 140kW(190PS)/5600rpm
MAX. TORQUE : 240N・m(24.5kgf・m)/1600-5200rpm

JC08モード

JC08モード燃料消費率〉について
*2 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象・渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。

MR16DDTエンジン(技術開発の取り組み)

圧倒的な走る楽しさへ。進化したMR16DDTエンジン。
圧倒的な走る楽しさへ。進化したMR16DDTエンジン。

クリップ

シンクロレブコントロールによるスポーティな走りを楽しむ。エクストロニックCVT-M7。グレード別設定

7速マニュアルモードを選択すると、シフトダウン時にエンジン回転数とCVTの変速比を同期させるシンクロレブコントロールにより、スムーズで素早い変速が可能。ドライバーの操作にダイレクトに反応するマニュアルシフトならではの心地よい走りが楽しめる。さらにインテリジェントコントロールディスプレイでドライブモード“スポーツ”を選択すれば、エンジン回転数を高める設定とすることにより過給圧を維持。加速中にはステップ変速制御がシフトアップ感を強調する。さらに“スポーツ”では、パワーステアリングもより手応えのあるモードに切り替わることで、きわめてスポーティな走りが可能。また、エクストロニックCVT-M7はパフォーマンスと燃費性能の両面で制御を最適化する日産独自の変速制御ロジックを採用。ドライバーの意図や運転スタイル、速度、路面勾配の負荷、コーナリング時のGなどに対応してトランスミッションを制御。機敏なダッシュからクルージングまで、ドライバーの意図に的確に対応した変速パターンを選択し、つねに快適な走りを提供する。

エクストロニック CVT(技術開発の取り組み)

シンクロレブコントロールによるスポーティな走りを楽しむ。エクストロニックCVT-M7。

詳しくはこちらへ

クリップ

1.5Lエンジン車

レスポンスが、ハンドリングが違う、コンパクト域を超えた走りへのこだわり。

アイドリングストップ搭載で、さらに低燃費を実現。グレード別設定

どこまでも都市を駆け抜けたい、その欲求も低燃費がサポートしてくれる。アイドリングストップが信号待ちなどの状況に合わせてエンジンを自動で停止させ、ガソリンを無駄にしない。


クリップ

デュアルインジェクターの採用などにより、中低速トルクを高めたHR15DEエンジン。 グレード別設定

アクセルを踏み込むと、気持ちに応えるレスポンスがある。ボディを押し出す力強いトルクと心地よい加速の伸びに、クルマを操る楽しさがある。HR15DEエンジンは、中低速トルクの強化によるレスポンスと扱いやすさの実現をテーマに、従来の吸気側だけでなく排気側にも可変バルブタイミング機構(CVTC)を採用し、吸排気効率を向上。さらに、燃料噴射を1シリンダーあたり2本のインジェクターで行い、燃焼効率を安定させるデュアルインジェクターを採用。コンパクトカーの域を超えたメカニズムによりエンジンの基本性能を大幅に向上した。

HR15DE
MAX. POWER:84kW(114PS)/6000rpm
MAX. TORQUE:150N・m(15.3kgf・m)/4000rpm

JC08モード

 (15RX、15RX V Selection、15RX V Urban Selection)

●坂道(勾配角約6%)でもアイドリングストップします。
●渋滞時の微低速前進(8km/h以内)と停止の繰り返しでは、アイドリングストップを作動させません。
●アイドリングストップ中でも、オーディオやナビゲーションは使用できます。
●アイドリングストップと同時にエアコンは送風に切り替わります。アイドリングストップOFFスイッチを押しておけばアイドリングストップが作動せず、冷房や暖房を優先使用できます。
●アイドリングストップ中にPレンジに入れてもアイドリングストップが継続されます。
●アイドリングストップ中に運転席のドアを開けたり、運転席のシートベルトをはずすと、エンジンを再始動させアイドリングストップ中であることを知らせます。また、ボンネットを開けるとアイドリングストップ状態からエンジン完全停止状態に移行し、自動的にエンジンが始動しないようにします。

※アイドリングストップにはさまざまな作動条件や、安全のために守っていただきたい事項があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。


JC08モード燃料消費率〉について
*3 燃料消費率は定められた試験条件での値です。お客さまの使用環境(気象、渋滞等)や運転方法(急発進、エアコン使用等)、整備状況(タイヤの空気圧等)に応じて値は異なります。

デュアルインジェクターの採用などにより、中低速トルクを高めたHR15DEエンジン。
デュアルインジェクターの採用などにより、中低速トルクを高めたHR15DEエンジン。

クリップ

軽量・コンパクト。新世代のエクストロニックCVTが実現するスポーティな加速レスポンス。 グレード別設定

スポーティな加速レスポンスを実現するために、進化したエクストロニックCVTを搭載。従来のベルトによる無段変速機に新たに副変速機(2段変速)を採用。CVTプーリーを小型化し、システムのコンパクト化と軽量化、フリクションの大幅な低減を実現。発進・加速時のレスポンスを大きく向上している。

進化したエンジンパフォーマンスと新世代のエクストロニックCVTが生み出す効率の高い走り。

燃焼効率が高く、トルク特性に優れたHR15DEエンジンと広い変速比幅を持つ新世代のエクストロニックCVTにより、優れた燃費性能を実現。

軽量・コンパクト。新世代のエクストロニックCVTが実現するスポーティな加速レスポンス。

詳しくはこちらへ

クリップ

関連情報

見積りシミュレーション
見積りシミュレーション
カタログ請求
カタログ請求


back
走りの際立ち
next
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page

ジューク Webカタログ

Webカタログ トップ

このクルマの魅力

パーソナライゼーション

エクステリア

インテリア

先進安全装備

グレード・価格

機能・快適性

ナビゲーション

走行性能

環境・品質

スペック・標準装備

オプションパーツ

NISMO

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)