走行性能
マルチパフォーマンス(雪上走破性)
GT-R
過去に閲覧したページの履歴
走行性能

雪が降ったら、ガレージを開けてGT-Rと外へ。不安な雪道が、愉しい雪道へと変わる。

スポーツカーなのに雪上も愉しめる。マルチパフォーマンスの醍醐味。

Photo:テスト車両(スタッドレスタイヤ装着車)。

マルチパフォーマンスというGT-Rのコンセプトが、最も分かりやすいのは雪道におけるGT-Rであろう。
辺りが白銀の世界に覆われたら、トランスミッションのセットアップスイッチを「SAVE」モードにして出掛けよう。
コーナーでのGT-Rは、4輪のグリップ荷重変化を最少限に抑えられ、それぞれのタイヤがしっかりと雪道をグリップしていることを感じるはずだ。上下のストロークを充分に活かしたサスペンションチューニングは、路面から受ける力をより柔軟に吸収するため、外乱が抑えられ、安定感がいちだんと向上している。

雪道で空力が効くGT-R。

さらに速度が上がれば、ダウンフォースが効果的に働いてタイヤのグリップ力を助けてくれる。
「雪道で空力が効く!」そんな体験をさせてくれるのは、GT-Rならではのものだろう。

雪の坂道でもパワフルに発進。

雪の坂道におけるGT-Rの発進も、特筆すべきものである。低重心のGT-Rは、坂道でもフロントに充分な荷重が加わるため、前輪のグリップ力を効果的に利用して発進することが可能なのだ。
さらに、ヒルスタートアシストが直結4WD状態*にするとともに、トランスミッションの「SAVE」モードがエンジン出力のゆるやかな制御を行うため、後ずさりすることなく滑らかな発進をすることができる。
また、VDC-Rのセットアップスイッチを「R」モードにすれば、スポーティなドライビングも楽しめる。

*約20km/h以下。

トランスミッション「SAVE」モード / VDC-R「R」モード

トランスミッションのセットアップスイッチを「SAVE」モードにすると、エンジンは過剰な出力が抑えられるうえ、レスポンスがゆるやかになる。
シフトチェンジもマイルドになるため、雪道のコントロールが楽になる。
またVDC-Rのセットアップスイッチを「R」モードにすると、4WDの前後トルク配分を積極的に活かした協調制御により、高次元のコーナリングが可能に。
さらに発進加速性も向上することができる。

ヒルスタートアシスト

VDC-Rで使用している加速度センサーにより、車両が坂道にいることを検出すると、ブレーキペダルから足を離しても最大2秒間ブレーキ液圧を保持。
ブレーキペダルからアクセルペダルへの踏み替えによって発生する後退を防止し、坂道の多い市街地での発進や滑りやすい雪道での登坂発進なども容易に行うことができる。

関連情報

カタログ請求
お近くの日産ハイパフォーマンスセンターはこちらから
見積もりシミュレーション
カタログ請求 お近くの日産ハイパフォーマンスセンターはこちらから 見積もりシミュレーション


back
マルチパフォーマンス(雪上走破性)
next
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • current_page
  • not_current_page
  • not_current_page

GT-R Webカタログ

Webカタログ トップ

エクステリア

インテリア

エディション・価格

走行性能

オーディオ・ナビ

環境・安全・品質

メンテナンス

スペック

オプションパーツ

NISMO

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)