走行性能
ボディ・足回り
GT-R
過去に閲覧したページの履歴
走行性能

マルチパフォーマンスの走りを愉しむためのボディ・足回り。

靭やかさと安心感を突き詰めた2017年モデルのボディ&サスペンション。

理想的なタイヤのグリップ力を得るために、ボディとサスペンションはどうあるべきか。
その解答として、2017年モデルは、世界トップクラスを誇るボディ剛性をさらに向上させることにより、サスペンションのポテンシャルを最大限に引き出し、セッティングを最適化。
タイヤの接地性を高め、スタビリティを大幅に向上している。

路面追従性の高さによる、さまざまなメリット。

まずは高いグリップ力が得られることによるコーナリングスピードの向上である。
ロールを抑制し車体の挙動変動量を減少させることにより、心地よい乗り味はそのままに、速さや限界性能の高さに磨きがかかった。
さらに、高速走行時の直進性が高まり、少々路面が荒れていても修正操舵を与える必要がほとんどない。
つまり、より正確なハンドリングで、意のままに走ることができるわけだ。
またタイヤがしっかり接地するということは、大径大容量ブレーキシステムによる優れた制動性能もまた、最大限に発揮できる、だからより安心して速く走れるということでもある。

ボディ

フロントのボディ剛性向上と前後の剛性バランスの最適化  NEW 

フロントウインドウフレームを強化することにより、フロントのボディ剛性を向上。
加えて、フロントとリヤの変形量の差を抑えることにより、ボディの一体感がさらに高まった。
その結果、ショックアブソーバーやスプリング、スタビライザーそれぞれのより突き詰めたセットアップが可能となり、路面追従性に優れ、靭やかで正確に動くサスペンションが実現した。

フロントのボディ剛性向上と前後の剛性バランスの最適化

マルチマテリアルボディ構造

「カーボン・アルミダイキャスト・スチール」という3種の材料を組み合わせ、スーパースポーツカーの操縦安定性と、上質な乗り心地、本格SUVの駆動力をミドルクラスのボディ重量で実現する超高性能ボディ。リヤサスペンションメンバーの立体強度部材化、アルミダイキャスト製ドアインナーなどの採用により、衝突時の変形量を低減し衝突安全性を向上。また、フロントストラットハウジングのアルミダイキャスト化、フロントサスペンションメンバーのボディスタビライザーとしての使用、および結合効率の向上により高剛性かつ軽量なボディを実現している。2017年モデルでは、フロントウインドウフレームを強化することによりフロントの剛性を向上。フロントとリヤの変形量の差を抑え、ボディの一体感を向上させることで、気持ちのよいステアリングレスポンスや限界走行時の安定性をさらに高めている。

リヤシート背後のアルミダイキャストメンバー

リヤシート背後のアルミダイキャストメンバー

ドライカーボン製トランクリッド&リヤスポイラー(メーカーオプション)

アルミ製に対し重量が約1/2のドライカーボン製トランクリッドと、ドライカーボン製のリヤスポイラーをオプション設定した。リヤスポイラーが生む強大なダウンフォースを受け止められる剛性を確保したトランクリッドは、寸法精度が高く、しかも優れた平滑性により高度な塗装品質を実現。美しい塗装を可能にした。

アルミハニカム入りカーボンコンポジット製ストラットサポートバー

エンジンルーム内の隔壁に、アルミハニカム入りカーボンコンポジット製ストラットサポートバーを採用。左右のストラットを強固に接合することで、サスペンション入力を俊敏に受け止め、運転操作に対する反応を向上させた。

スーパーワイドビームヘッドランプ

メインLEDロービーム、遠方用LEDロービーム、ワイドイリジウムLEDロービーム、大光量のLEDハイビームの4つのLEDランプで構成し、照射範囲を拡大。フォグランプ、コーナリングランプ領域までカバーしている。ハイビームも大光量LEDを採用している。LEDポジションランプによるランプシグネチャーは、稲妻の閃光をイメージしたスピード感あふれるデザインとした。

ドライカーボン製トランクリッド&ドライカーボン製リヤスポイラー アルミハニカム入りカーボンコンポジット製ストラットサポートバー スーパーワイドビームヘッドランプ

ドライカーボン製トランクリッド&ドライカーボン製リヤスポイラー

アルミハニカム入りカーボンコンポジット製ストラットサポートバー

スーパーワイドビームヘッドランプ

アンチチッピング塗装+スクラッチシールド

スーパースポーツカーにふさわしい美しい輝きと価値を永く維持し続けるために、GT-Rは画期的な「アンチチッピング塗装」を採用している。走行中に最も傷がつきやすいフロントグリル上部と、リヤフェンダーの前面にアンチチッピング塗装を施すことで、優れた耐チッピング性能を実現。高速走行時の小さな石跳ねなどからボディを守る。また、日常でのすりキズや引っかきキズ程度なら、時間とともに元の状態に復元するスクラッチシールドをアルティメイトメタルシルバー(4M)〈#KAB〉(特別塗装色)を除くボディカラーに採用。アンチチッピング塗装に加えることで、いつまでも美しい質感を維持することができる。

※スクラッチシールドはドアハンドル、ドアミラー、Aピラー、サイドシル、リヤスポイラーを除く、車体色塗装部位に塗布しております。

LEDハイパーデイライト

フロントバンパーサイドグリルと一体化したLEDハイパーデイライトを装備。大型反射面+高輝度白色LEDにより、コンパクトなサイズでも十分なアピール力を発揮する。

※LEDハイパーデイライト消灯を希望のお客さまに向け、ディーラーオプションでキャンセルスイッチを設定。

リヤLEDフォグランプ(ディフューザー一体式)

LEDランプを使用したリヤフォグランプを、リヤディフューザーに一体化。雨天時など、水しぶきの中でも後続車からの視認性を高めている。

※LEDランプのため自己発熱が少なく、降雪時は雪がレンズ面に積もったり、着雪することがあります。その際は、視認性が低下しますので、レンズ面から雪を払い落としてください。
※リヤフォグランプは、霧・雨・雪などの悪天候時に使用してください。
※晴天時は後続車のドライバーを眩惑する恐れがあるため、使用しないでください。
※スポーツ走行時は使用しないでください。サーキット走行の熱負荷の影響で破損する恐れがあります。

サスペンション・ブレーキ・タイヤ

(しな)やかで安定感のある走り」に磨きをかけた新サスペンションチューニング  NEW 

これまでGT-Rは「意のままの走り」「意図しない動きをしない」を進化させてきた。前者はピッチングなどの上下の動きを抑え、車体をよりフラットに保てるようにすることで、後者は横方向の無駄な動きを徹底的に抑え込むことによってパフォーマンスを向上した。2017年モデルでは、世界トップクラスを誇るボディ剛性をさらに向上させることにより、ショックアブソーバー、スプリング、スタビライザーそれぞれのより突き詰めたセットアップが可能となり、タイヤの接地性に優れ、しなりの効いた正確に動くサスペンションが実現。意のままのトレーサビリティがさらに向上し、靭やかで安定感のある走りに磨きをかけた。

フロントダブルウィッシュボーン式リヤマルチリンク式サスペンション

フロントは、パイプ一体構造の高剛性メンバーに支持されたダブルウィッシュボーン式サスペンション。アライメントの高精度化を追求し、車体からの大入力を受けた際にもタイヤのポテンシャルを最大限に発揮する。スプリングはレーシングカー並みの精度管理を行った高精度スプリングを採用した。リヤマルチリンク式サスペンションには、燃料タンクのガード機能も持たせた立体型パイプフレーム一体型のメンバーを採用。6点マウントで剛性を高めている。さらにアルミ製アッパーリンクとロアリンクの一部にはピロボールを採用することで、大入力時のアライメント変化を最小限に抑え、タイヤからの接地感を確実にドライバーに伝達する。

Bilstein DampTronic

セットアップスイッチによって、減衰力を選択できるモード設定型電子制御式のショックアブソーバーBilstein DampTronicを採用。減衰力の電子制御は、11種類の車両データから最適に行われ、オールラウンドな「NORMAL」モード、上質でラグジュアリーな乗り心地を生み出す「COMF」モード、スポーツドライビングを楽しむための「R」モードを選択することができ、各々に適した超高性能な走りを味わえる。

フロントダブルウィッシュボーン式サスペンション リヤマルチリンク式サスペンション

フロントダブルウィッシュボーン式サスペンション(左)
リヤマルチリンク式サスペンション(右)

Bilstein DampTronic

Bilstein DampTronic

高いグリップ力を生み出す高性能ランフラットタイヤ

サーキットでのスポーツ走行まで想定したGT-Rのタイヤには、車重の数倍にもなる慣性荷重を支え、常に安定したグリップ力を発揮することが求められる。そこで構造上サイドウォールが厚く、高い負荷に耐えられるランフラットタイヤ、しかも前後20インチの超大径、大容量タイヤが選択された。一般にランフラットタイヤは乗り心地が硬いイメージもあるが、専用開発をしたGT-Rではランフラット性能を犠牲にすることなく、優れたたわみ特性を実現。剛性の高いボディと靭やかに動くサスペンションも相まって、快適な乗り味をもたらしている。さらに、スポーツ走行時の内圧の変化を抑制するため、窒素ガスを封入。経時抜けによる内圧低下も抑えられ、メンテナンス性も優れている。またブロックに補強部を設けることで横剛性を高め、ステアリングレスポンスの向上とロードノイズの低減を実現した。

高いグリップ力を生み出す高性能ランフラットタイヤ

レイズ製アルミ鍛造ホイール(Y字スポークレイヤードブラックコート+切削光輝)  NEW 

5本のY字スポークを採用し、剛性とデザイン性をともに追求。ブラック塗装を施した後に、表面を切削し、さらにブラッククリアーコートを施す「レイヤードブラックコート+切削光輝」を採用し、凄みのあるダークな輝きで足元を演出。4層のクリアーコーティングを含む6層塗装は、切削塗装と併せてGT-R初採用(GT-R Pure edition、GT-R Black edition、GT-R Premium editionに標準装備)。

レイズ製アルミ鍛造ホイール(Y字スポークレイヤードブラックコート+切削光輝)

レイズ製アルミ鍛造ホイール
(Y字スポークレイヤードブラックコート+切削光輝)

大径大容量ブレーキシステム

日産がGT-Rの超高性能な走りのために開発したブレーキシステム。前輪はφ390mm、後輪はφ380mmの超大径ブレンボ製フルフローティングドリルドローターに加え、スチール系の高剛性パッドを開発。スポーツ走行でのハードな使用条件にも信頼できる高い制動性能と、繰り返しのブレーキングにも安定した耐フェード性能、そして高温時でも優れたコントロール性能を実現。キャリパーには高い剛性と軽量化を両立させ、強力な制動力を発揮するフロント対向6ポッド、リヤ対向4ポッドのブレンボ製アルミ製モノブロック( 一体構造)を採用している。またペダルタッチやリニアなブレーキのコントロール性を追求し、初期制動での踏み応えと操作性をいちだんと向上。パッドの改良により、ブレーキノイズの低減も実現し、走りの上質感も高めている。

関連情報

カタログ請求
お近くの日産ハイパフォーマンスセンターはこちらから
見積もりシミュレーション
カタログ請求 お近くの日産ハイパフォーマンスセンターはこちらから 見積もりシミュレーション


back
ボディ・足回り
next
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • current_page
  • not_current_page

GT-R Webカタログ

Webカタログ トップ

エクステリア

インテリア

エディション・価格

走行性能

オーディオ・ナビ

環境・安全・品質

メンテナンス

スペック

オプションパーツ

NISMO

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)