走行性能
空力
GT-R
過去に閲覧したページの履歴
走行性能

空力によってパワートレインやブレーキを積極的に冷却することで、より高いパフォーマンスの実現にも貢献。

空気抵抗、ダウンフォース、冷却性能。3つの要素を高次元でバランスさせた空力デザイン。

GT-Rの空力は、空気抵抗、ダウンフォース、冷却性能という3つの要素を高次元でバランスさせることを目指している。
とはいえ、これらを同時に向上させることは、並大抵のことではない。
空気抵抗を抑えようとすれば、ダウンフォースが損なわれ、冷却性能を高めようとすれば、空気抵抗が犠牲になりやすいという、トレードオフの関係があるからだ。

グリル&バンパー開口部を拡大し、冷却風量を最大化。

2017年モデルは、エンジン出力の向上にともなって、さらなる冷却性能の向上が求められた。
もちろん、優れた空気抵抗とダウンフォースを実現しながらである。
そのために、新造形のフロントグリル&バンパーを採用し、従来の優れた空気抵抗とダウンフォースを維持しながら開口部を最大化。
グリル上部裏面にまで及ぶ開口部が冷却風量を極限まで増加させている。
さらに新採用のVモーショングリルには整流効果を持たせ、ラジエータへのさらなる空気の誘引を図っている。

プレミアム・ミッドシップパッケージの空力。

空気抵抗、ダウンフォース、冷却性能、そのどれかではなく、すべてをバランスさせるのがプレミアム・ミッドシップパッケージの空力である。
例えばGT-Rの場合、エンジンに流入した冷却風は、トランスミッションのないセンタートンネルを通って、リヤのトランスミッションへとスムースに流れる。
また、フロントバンパーサイドの形状がホイールハウス側面に負圧の空気流を作り出し、エンジンルームの冷却風をホイールハウスから吸い出す。
これによりエンジンルーム内は負圧となり、空気抵抗の増大やダウンフォースの低下をともなうことなく冷却風が確保できる。

GT-Rはアンダーボディまでも美しい。その理由は、空力を活かし切る設計思想にある。

アンダーカバー下を流れる空気は加速され、ディフューザーによってダウンフォースを発生させる。
ダウンフォースの性能を高めるためには、フロアをフラットにするのが理想だが、通常はエンジン下のフロアを塞いでしまうと、冷却風の排出ができなくなってしまう。
GT-Rはプレミアム・ミッドシップパッケージを採用することにより、エンジンルームを抜けた空気の流れを、アンダーカバーの上のセンタートンネルへ通し、後部にあるトランスミッションを冷却する。
これにより、優れたダウンフォースを発生させるフラットなフロアを実現した。
2017年モデルでは、冷却性能をさらに高めながら、ダウンフォースと空気抵抗を高次元でバランスさせるため、SUPER GTマシンの空力テクノロジーのフィードバックに加え、シミュレーションや風洞・走行実験を徹底的に行った。

冷却性能を高めながら、優れたダウンフォースを実現。

フロントスポイラー下部には、フロア下の圧力低下を促し、かつ姿勢変化による影響を受けにくい形状を与え、ダウンフォースを安定化。
またサイドシル前部の張り出しによってボディサイドの空気流を整流。
負圧となっているフロア下への空気の引き込まれや、横風の流入も防ぐことができ、コーナリング中でも安定したダウンフォースが得られる。
加えて、エンジンフードの剛性を強化することにより、高速時の変形にともなうダウンフォースの低下も抑制。
ダウンフォースを発生させるリヤディフューザーには、チタン合金製マフラーを冷却するエアダクトを設け、冷却性能も向上させている。

細部の形状の吟味により、従来の優れた空気抵抗も維持。

今回は優れた空気抵抗を維持するため、細部にわたって形状の吟味を行った。例えば、Cピラー上部のわずかな渦流の発生を抑制し、後方への整流機能を向上。リヤバンパーサイドは、ボディサイドの空気流をリヤに回り込ませず剥離させる形状とし、渦流による空気抵抗を低減。これにより排気の流れを妨げることなく、排気熱をスムースに後ろへ逃がす効果も上げている。

関連情報

カタログ請求
お近くの日産ハイパフォーマンスセンターはこちらから
見積もりシミュレーション
カタログ請求 お近くの日産ハイパフォーマンスセンターはこちらから 見積もりシミュレーション


空力
next
  • current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page

GT-R Webカタログ

Webカタログ トップ

エクステリア

インテリア

エディション・価格

走行性能

オーディオ・ナビ

環境・安全・品質

メンテナンス

スペック

オプションパーツ

NISMO

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)