機能・快適性
踏み間違い衝突防止アシスト
ELGRAND
過去に閲覧したページの履歴

日産独自の画像解析技術と超音波ソナーを駆使。万一誤ってペダルを踏み間違えた時、衝突防止をサポートしてドライバーの安心をさらに高めます。

クリップ

踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)*1

踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)*1を搭載。 世界初*2 グレード別設定

世界初*3のMOD(移動物 検知)機能を搭載した「アラウンドビューモニター」によって培った日産独自の画像解析技術と超音波ソナーを駆使し、駐車操作時にブレーキを踏もうとして、アクセルを誤って踏んでしまった場合に衝突を防ぐ「踏み間違い衝突防止アシスト」を搭載*4しました。

踏み間違い衝突防止アシスト(技術開発の取り組み)

踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)*1を搭載。

ブレーキを踏むべき状況で万一誤ってアクセルを踏んでしまっても、クルマ自身が誤操作を検知して、衝突防止をアシストします。
ソナーによる障害物検知機能だけではなく、「アラウンドビューモニター」の画像解析技術で駐車枠を検知。万一誤ってアクセルペダルを踏み込んでも加速を抑制します。さらに、ソナーで壁などの障害物を検知し、障害物に衝突するおそれがある場合は自動的にブレーキが作動。クルマが場所や状況を検知して最適な判断を行い、衝突を未然に防ぎます。

※踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)装着車は、ソナーが前4つ、後ろ4つに増えて、より広く検知することが可能となります。

通常走行時(停止~100km/h)では、「インテリジェントクルーズコントロール*5」が安全な運転を支援します。グレード別設定
インテリジェントクルーズコントロールの詳細については安全性能をご参照ください。

※インテリジェントクルーズコントロール装着車のフロントグリルは右記のような形状になります。

インテリジェントクルーズコントロール

シーン1:壁などの障害物がある駐車場

万一誤ってペダルを踏み間違えた時、壁などの障害物への衝突を未然に防ぎます。
ペダルを万一誤って踏み間違えた時、急加速して駐車場に停まっている車や壁にぶつけてしまう事故をクルマが防ぎます。壁はもちろん、コンビニなどのガラスも認識し、前進時にも、後退時にも事故回避をアシストします。

 

※車両の状態、天候、道路状況、障害物の種類や形状など、条件によっては作動しない、または性能が十分に発揮できない場合があります。

シーン1:壁などの障害物がある駐車場

シーン2:壁のない駐車場(駐車枠あり)

壁のない駐車場で、万一誤ってペダルを踏み間違えた時の急発進を防ぎます。
壁などの障害物がない駐車枠のある駐車場で万一誤ってペダルを踏み間違えてしまっても過度に加速しないよう、クルマがアシストします。アクセルペダルを床まで踏んでしまうような事による衝突事故を未然に防ぎます。

※このシーンの場合、弱いブレーキを行う場合がありますが、加速を抑制するだけで駐車枠に停止する機能はありません。
※両側に白線がある駐車枠を、駐車枠として検知します。
※天候や路面の状態、白線の状態などにより、駐車枠線が見えにくい場合は検知しない場合があります。その他、条件によっては作動しない、または十分な性能が発揮できない場合があります。

シーン2:壁のない駐車場(駐車枠あり)

シーン3:渋滞などの徐行時

渋滞中のクリープ前進時に、万一の脇見などによる追突を回避、または軽減します。
渋滞時、のろのろとクリープ走行しているシーンで、万一脇見運転などをした際には前方の停止車両と接触する直前にブレーキが作動。渋滞中のクリープ前進時の万が一の追突を回避、または軽減します。

※約8km/h以下で衝突を回避する能力があります。また、先行車がバイクや自転車などの小型車両は検知できない場合があります。
※車両が前方で動いている場合や、その他、条件によっては作動しない、または十分な性能が発揮できない場合があります。

シーン3:渋滞などの徐行時

クリップ

かつてないクリアな後方視界を実現する世界初*6の技術スマート・ルームミラーディーラーオプション

後部座席の人や物で後ろが見えなかったり、雨や西日で後方確認が難しい運転時にも視界を保つので、車線変更も安心です。

リヤカメラの車両後方映像をルームミラーにフル画面表示し、夕方や夜間などのさまざまな環境や、後席にたくさんの人が乗車したり、荷物を高く積み上げた場合でも、通常のミラーよりクリアな後方視界を確保することができます。

かつてないクリアな後方視界を実現する世界初*3の技術スマート・ルームミラー

クリップ
かつてないクリアな後方視界を実現した日産のテクノロジー

注)標準装備のルームミラーは取り外していただきます。ルームミラーとスマート・ルームミラーには死角があります。事前に死角範囲を確認してご使用ください。ミラーとカメラの取付位置の違いにより、対象物の大きさが異なります。使用状況により、太陽光線や照明等の直接光・反射光がカメラの視野範囲内に映ると、モニター映像が見えにくくなることがあります。夜間や暗い場所、照明の下などでは、モニターの映像と実際の色味が異なることがあります。サンルーフ付き車両等で外部光による反射でモニターが見えにくくなる場合があります。その場合はシェードを閉めてください。LED光源を使用した照明の一部が映った場合、モニター画面がちらつく場合があります。ACC ONまたはエンジンONの状態でモニターを使用できます。


*1 MOD(移動物 検知)機能は自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。すべての移動物を検知できるわけではありません。また、静止しているものは検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。
*2 ペダル踏み間違い時の車両完全停止(約8km/h以下)、駐車枠検知での抑制が世界初(2012年11月現在 自社調べ)。
*3 4つのカメラを使って車両周囲の移動物を検知しドライバーにお知らせする機能が世界初(2011年11月10日現在 自社調べ)。
*4 インテリジェントクルーズコントロールなどとセットでメーカーオプション設定(3.5L車のみ)。350Highway STAR Premium Urban CHROME、350Highway STAR Premium、350Highway STAR White Leather Urban CHROMEとVIPは標準装備。
*5 踏み間違い衝突防止アシスト(駐車枠検知機能付)などとセットでメーカーオプション。
*6 2014年6月27日現在 自社調べ。

クリップ

関連情報

見積りシミュレーション
見積りシミュレーション
カタログ請求
カタログ請求


back
踏み間違い衝突防止アシスト
next
  • not_current_page
  • current_page
  • not_current_page
  • not_current_page
  • not_current_page

エルグランド Webカタログ

Webカタログ トップ

このクルマの魅力

エクステリア

インテリア

グレード・価格

機能・快適性

ナビ・オーディオ・ETC

走行性能

環境・安全・品質

スペック・標準装備

オプションパーツ

特別仕様車

AUTECH

LV(福祉車両)

NISMO PARTS

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)