走行性能
DAYZ
過去に閲覧したページの履歴

ファンな走りを追い求めた。

クリップ

ECO DRIVING

クリップ

2つの先進エコシステムの搭載グレードを拡大。

アイドリングストップ+バッテリーアシストシステムをターボ車にも新採用するなど、設定グレードを拡大*1しました。

■停車前アイドリングストップ&バッテリーアシストシステム*1  グレード別設定

■停車前アイドリングストップ&バッテリーアシストシステム
クリップ

アクセルOFF

 減速エネルギーで発電し、バッテリーに充電。

 アクセルペダルから足を離すと自動的に燃料噴射をカット。

減速(13km/h以下)

 充電した電力を電装品に供給。エンジン稼働による発電回数を減らしてガソリンを節約*2。

 減速中から停車前アイドリングストップ*1が作動。ガソリンの消費をゼロに。

停車

 停車時も充電した電力を電装品に供給。

 引き続きアイドリングストップが作動。ブレーキを踏んでいる間はエンジンが停止し続けます。

再スタート

 ブレーキを離す、またはステアリングを動かすと、約0.4秒後にエンジンが再始動します。

坂道

坂道(約±4%程度の勾配以下)*3でも停車前アイドリングストップができます。

ヒルスタートアシスト

坂道発進の際、ブレーキペダルからアクセルペダルへ踏み替えるときの車両の後退を防止します。

●アイドリングストップ中でもオーディオやナビは使用できます。エアコンは送風に切り替わります。 アイドリングストップOFFスイッチを押しておけばアイドリングストップが作動せず、冷房や暖房を優先使用できます。
※アイドリングストップにはさまざまな作動条件や、安全のために守っていただきたい事項があります。詳しくは取扱説明書をご覧ください。

*1 ハイウェイスターX、ハイウェイスターG、ハイウェイスターGターボ、S、X、X Vセレクション。
*2 主な電力供給先:アイドリングストップ中のエアコン(送風のみ)、オーディオ、ナビなど。電装品の使用状況やバッテリーの状態により発電する場合があります。
*3 停車時アイドリングストップは約±10%程度の勾配以下。

停車前アイドリングストップ作動の流れ

クリップ

ファインビジョンメーター

視認性の高い大型メーターを採用。平均燃費、アイドリングストップ時間などを表示する車両情報ディスプレイに加え、燃費のよいアクセルペダル操作を判定するエコドライブインジケーターも搭載。グリーンの木の葉の点灯数により、エコ運転度を瞬時に把握できます。

クリップ
日産デイズ ハイウェイスター

日産デイズ ハイウェイスター

日産デイズ

日産デイズ

※画面はハメ込み合成です。
※メーターなどの表示は機能説明のためのイメージ画像です。

クリップ

■ 優れた空力性能

クリップ

広い室内空間を確保しながら、ルーフ後端の落とし込みや、フロントバンパー形状の最適化などにより、空気抵抗を最小限に抑えています。

優れた空力性能
クリップ

■ 軽量ボディ

ボディからエンジン、サスペンションに至るまで、徹底して構造のシンプル化を図り、車体全体を軽量化。安全性の向上による重量アップを抑えています。

 

クリップ

新開発3B20エンジン / 3B20インタークーラーターボエンジン

小型・軽量化に加え、可変バルブタイミングの最適化などにより、力強い走りを実現。街中で扱いやすい自然吸気エンジンと、よりスポーティな走りを実現するターボエンジンをラインアップしています。

フルタイム4WDグレード別設定

通常はFF(前輪駆動)に近い駆動力配分で、滑りやすい路面では後輪へより多くの駆動力を配分します。最適な駆動配分で、雪道などでも安定した走行が可能です。

副変速機付エクストロニックCVT

変速による振動がなく、滑らかに加速できるCVTを採用。ワイドな変速比幅で高速時のエンジン回転数を抑え、CVTならではのスムースな走りが実現します

副変速機付エクストロニックCVT(技術開発の取り組み)

クリップ

関連情報

見積りシミュレーション
見積りシミュレーション
カタログ請求
カタログ請求


デイズ Webカタログ

Webカタログ トップ

このクルマの魅力

エクステリア

インテリア

グレード・価格

先進安全装備

機能・快適性

ナビゲーション

走行性能

環境・品質

スペック・標準装備

オプションパーツ

特別仕様車

AUTECH

LV(福祉車両)

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)