環境・安全・品質
安全性能
CUBE
過去に閲覧したページの履歴

キューブの安全性能をご紹介。

クリップ
SAFETY SHIELD
 

SAFETY SHIELD

通常運転から衝突後まで、クルマが状況に応じて様々なバリア機能を働かせ、少しでも危険に近づけないようサポートし続けます。

クリップ

いつでも安心して運転できるようドライバーをサポートします。

クリップ

危険な状態になりそうなときも安全な状態に戻すようドライバーをサポートします。

VDC(ビークルダイナミクスコントロール[TCS機能含む])

各種センサーにより、ドライバーの運転操作や車速などを検知し、ブレーキ圧やエンジン出力を自動的に制御。滑りやすい路面やコーナリング、障害物を回避する際に発生する横滑りを軽減し、車両の安定性を向上させ、走行時の安心感を高めます。

※VDCはTCS(トラクションコントロールシステム:駆動力制御システム)、ブレーキLSD(リミテッドスリップデフ)機能を備えています。 車輪のスリップを抑え駆動力を確保することで、主に発進性を高めます(ブレーキLSDはVDCスイッチオフ時にも作動します)。


VDC(ビークルダイナミクスコントロール)(技術開発の取り組み)

EBD+ABS+ブレーキアシスト

乗車人数によるブレーキの効きの変化を抑えて安定した制動力を発揮するEBD(電子制御制動力配分システム)にABS(アンチロックブレーキシステム)、力強いブレーキングを可能にするブレーキアシストを組み合わせ、万一の際の危機回避能力を高めました。

注意:VDC、EBD、ABS、ブレーキアシストはあくまでもドライバーの操作を補助するシステムです。したがって、非装着車と同様にスピードをひかえ、早めの操作で安全運転をお願いします。

クリップ

高強度安全ボディ(ゾーンボディ)&歩行者傷害軽減ボディ

高強度キャビンと衝撃吸収ボディからなるゾーンボディをさらに進化。自車の保護性能向上と相手車両への加害性低減を両立したコンパティビリティ対応ゾーンボディを採用。衝突時に衝撃吸収ボディが効率的にエネルギーを吸収。

高強度材を用いたフレーム構造により、堅固なキャビン(高強度キャビン)を実現しました。また、ボンネット等のエネルギー吸収性を高め、万一の歩行者との衝突時に頭部や脚部への衝撃を緩和する、歩行者傷害軽減ボディを採用しています。

ゾーンボディ(技術開発の取り組み)
歩行者傷害軽減ボディ(技術開発の取り組み)

前席アクティブヘッドレスト

追突された際に、ヘッドレストが瞬時に前方に移動。頭部を支えて過度な後傾を防ぎ、首にかかる負担を軽減します。

前席アクティブヘッドレスト(技術開発の取り組み)

クリップ

運転席2ステージロードリミッター付ダブルプリテンショナーシートベルト(肩ベルト部、腰部)

ベルトの巻き取り機構を肩部に加えて腰部にも設けたダブルプリテンショナーを採用。前面衝突時に、プリテンショナー機構が瞬時にベルトのたるみを巻き取り、乗員の拘束開始を早めます。さらに2ステージロードリミッター機構により、シートベルトの荷重を段階的に下げ、乗員への衝撃を緩和します。

クリップ

ディーラーオプションでも安全装備をご用意しております。

いつでも安心して運転できるようドライバーをサポートします。

最適配光マルチリフレクターハロゲンヘッドランプ(マニュアルレベライザー付)グレード別設定

いつでも安心して運転できるようドライバーをサポートします。

バイキセノンヘッドランプ(ハイ/ロービーム、オートレベライザー付)グレード別設定

ハロゲンランプの約2倍の光量でより明るく遠くを照らし、夜間走行時の視認性を高めます。

いつでも安心して運転できるようドライバーをサポートします。

フロントフォグランプグレード別設定

いつでも安心して運転できるようドライバーをサポートします。

ハイマウントストップランプ

いつでも安心して運転できるようドライバーをサポートします。

リヤ間けつ式ワイパー

万一衝突が避けられないときに被害を最小限にとどめます。

後席ヘッドレスト(3席)、全席ELR付3点式シートベルト

3名分の後席ELR付3点式シートベルトに加え、後席中央席にもヘッドレストを標準装備。また、後席シートベルトのバックルを自立化し、片手でもベルトをバックルへ挿入しやすくするとともに、軽く引き出せ、着用時の圧迫感も低減する低フリクションシートベルトも全車標準装備しました。

万一衝突が避けられないときに被害を最小限にとどめます。

運転席・助手席SRSエアバッグシステム / SRSカーテンエアバッグシステムグレード別設定

運転席・助手席SRSエアバッグシステムを全車標準装備。側面衝突時に前後席乗員の頭部を保護するSRSカーテンエアバッグシステムを設定しています。

※運転席・助手席SRSエアバッグシステムは万一の前面衝突の際に、シートベルトを補助して乗員への衝撃を緩和する装置ですので、必ずシートベルトをご着用ください。運転席・助手席SRSエアバッグおよびSRSカーテンエアバッグは衝突の条件によっては作動しない場合があります。「運転席・助手席エアバッグ付車では助手席にチャイルドシートを後ろ向きに取り付けない」事や、その他の重要な警告と注意事項を取扱説明書に記載しておりますので、必ずお読みください。※エアバッグは撮影のため、膨らませた状態を再現したものです。なお、カーテンエアバッグは実際の衝突時には衝突側のみ膨らみます。

SRS:Supplemental Restraint System(補助拘束装置)

ディーラーオプションでも安全装備をご用意しております。

チャイルドセーフティシート

お子様連れの安心ドライブはチャイルドシート装着から

●国土交通省新基準対応
●新生児対応


1.欧州の安全基準に適合したシートベルト固定タイプのベビー・チャイルド兼用モデル
2.側面衝突を考慮した「サイドガード」
3.取り回しが楽な軽量化設計
4.ベルトセットが楽な簡単装着設計

適用目安:体重9kg以上~18kg以下、身長70cm以上~100cm以下(前向きに取付け)

      :体重13kg未満、身長85cm未満(後向きに取付け)


詳しくはこちらをご覧ください。


注1)体重7kg未満(参考年齢6ヶ月未満)までは、インナークッションをご使用ください。
注2)取付位置については、車両の取扱説明書をご参照ください。

ディーラーオプションでも安全装備をご用意しております。

ジュニアセーフティシート

お子様連れの安心ドライブはチャイルドシート装着から

●国土交通省新基準対応

1.欧州の安全基準に適合したジュニアセーフティシート
2.身長にあわせて頭部と肩部のガードが動く「フレキシブルサイズ設計」
3.折りたたんで収納できる「かんたんコンパクト設計」

適用目安:体重:15kg以上~36kg以下、身長:100cm以上~150cm以下
              (前向きに取付け)

詳しくはこちらをご覧ください。


注)取付位置については、車両の取扱説明書をご参照ください。


back
安全性能
next
  • not_current_page
  • current_page
  • not_current_page

キューブ Webカタログ

Webカタログ トップ

このクルマの魅力

エクステリア

インテリア

グレード・価格

機能・快適性

ナビ・ETC

走行性能

環境・安全・品質

スペック・標準装備

オプションパーツ

AUTECH

LV(福祉車両)

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)