機能・快適性
先進装備
CIMA
過去に閲覧したページの履歴

先進の機能が支える、CIMAの安全・安心・洗練の走り。

クリップ

先進技術

インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)


頻繁に加減速を繰り返す状況で車間を維持する操作をアシストし、ドライバーの負担を軽減するシステムです。先行車との距離や速度に応じて、ドライバーの操作をアシストし負担を軽減。ドライバーがアクセルを踏んだままの場合はペダルを押し戻し、アクセルを戻す操作を支援します。加えて、カーブ走行時のドライバーの負担を軽減。ナビゲーションから前方のカーブ情報を取得し、なめらかなブレーキ制御を行います。また、ドライバーがアクセルを踏んだままの場合はペダルを押し戻し、アクセルを戻す操作を支援します。

インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)

追従走行中の先行車が近づいたとき、アクセルペダルを戻すと、システムがなめらかにブレーキをかけて減速します。

 

ドライバーがアクセルペダルを踏んだままの場合はアクセルペダルを押し戻す方向に力を発生させ、アクセルペダルを戻す操作を支援します。ドライバーがアクセルペダルを戻すと、なめらかにブレーキ制御を行います。

 

ドライバーによるブレーキ操作が必要だとシステムが判断した場合は、表示と音で警報し、アクセルペダルを押し戻す方向に力を発生させ、アクセルペダルからブレーキペダルへの踏みかえを支援します。

 

ナビゲーションから前方のカーブ情報を取得。前方のカーブに近づいたとき、アクセルペダルを踏んだままの場合はアクセルペダルを押し戻す方向に力を発生させ、ドライバーがアクセルペダルを戻す操作を支援する世界初*の機能を追加しました。ドライバーがアクセルペダルを戻すと、なめらかにブレーキ制御を行います。

*2009年11月現在

クリップ
インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)のシステム構成

インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)のシステム構成

車両前部に設置したレーダーセンサー(インテリジェントクルーズコントロールと共用)・・・

 

インテリジェントクルーズコントロール

停止~100km/hの範囲内で先行車との車間を保って走行()。さらにカーブ手前では、ナビゲーションからの情報をもとに減速制御()。ドライバーの負担を軽減するとともに、快適な走りを可能としました。

インテリジェントクルーズコントロール

 

自車線前方の先行車をセンサーが検知している場合、車速に応じた車間距離を保つように走行します。

 

自車線前方の先行車が減速した場合、減速。ブレーキ操作が必要な場合、表示とブザーで警告します。

 

追従走行中の先行車が停止した場合は、自車もそれに応じて停止します。*1

 

ルートガイドを行っていて先行車がいない場合、ナビゲーションからの情報をもとに前方のカーブの大きさに応じて減速制御します。直線路に戻ると、セット車速まで緩やかに加速します。

 

*1停止後はブザー音とともにシステムを解除し、クリープ走行に移行します。
※各図は代表的な走行シーンです。道路状況および天候状況等によっては、適切に作動できない場合があります。

 

インテリジェントクルーズコントロール(技術開発の取り組み)

クリップ

 

FCW(前方車両接近警報)*2

車速が約15km/h以上で走行中に、自車前方の車両に接近した場合、表示と音でドライバーに注意を促します。

 

インテリジェントブレーキアシスト*2/前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト

先行車両に追突する恐れがあり、ドライバーによる緊急回避操作が必要とシステムが判断した場合は、表示と音でドライバーによる回避操作を促します。さらにドライバーの操作では衝突が避けられないと判断した場合には、システムがブレーキをかけて減速することで追突時の被害を軽減します。緊急ブレーキであると判断した時やインテリジェントブレーキアシストのブレーキ制御が開始されると、前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルトが作動し、シートベルトをモーターで巻取り、たるみを減少させて姿勢変化を抑え、安心感を提供します。また、万一衝突が避けられない場合でも、より早く、確実に乗員を拘束することで、エアバッグ等、他の安全装置の効果を最大限に引き出します。前席シートベルトには、装着時の圧迫感を軽減するコンフォート機能も採用しました。

インテリジェントブレーキアシスト

インテリジェントブレーキアシスト追従中の先行車との追突が避けられないと判断。

 

緊急ブレーキ操作。  

 

プリクラッシュシートベルトの場合など、万一衝突が避けられない場合でも、確実に乗員を拘束します。

 

インテリジェントブレーキアシスト(技術開発の取り組み)
前席緊急ブレーキ感応型プリクラッシュシートベルト(技術開発の取り組み)

 

LDP(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)*2


LDP(車線逸脱防止支援システム)は約70km/h以上の車速で走行中に、ドライバーが意図しないにもかかわらず、クルマが車線から逸脱しそうになった場合、ブザーとディスプレイ表示(LDW(車線逸脱警報)機能)による警報でドライバーに注意を促します。さらに各輪のブレーキをコントロールし、クルマを車線内に戻す方向に力を短時間発生させることで、ドライバーにクルマを車線内に戻す操作を促します。

LDP(車線逸脱防止支援システム) / LDW(車線逸脱警報)


ルーフコンソール内のカメラで、自車前方の車線を検出し、車線からの相対位置を計算します。


車線から逸脱しそうになった場合、ブザーとディスプレイ表示で注意を喚起します。


注意喚起とともに各輪のブレーキをコントロールすることで車線内に戻す方向に力を短時間発生させます。


車両の動きを加えることで、置かれている状況をドライバーに直感的に伝え、車線内に戻す操作を促します。


※LDP(車線逸脱防止支援システム)とLDW(車線逸脱警報)はそれぞれ独立したシステムで個別にON・OFFできますが、LDP(車線逸脱防止支援システム)にはLDW(車線逸脱警報)の機能が含まれています。
※悪天候(雨・霧・雪等)や道路環境(車線が見にくい・急カーブ・狭い車線等)によっては、カメラが車線を認識できないため、LDP(車線逸脱防止支援システム)/LDW(車線逸脱警報)が正しく作動できない場合があります。

*2 安全装備はドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。先進技術・機能の設定条件は、車種・グレードにより異なります。


LDP(技術開発の取り組み)
LDW(技術開発の取り組み)

 

VDC(ビークルダイナミクスコントロール〔TCS機能含む〕)

車両の挙動の安定性を向上させる従来機能に、コーナーでのブレーキング時の滑らかな制動機能、ブレーキフィールの向上機能、コーナリング時のスタビリティ向上機能が加わりました。

コーナリングスタビリティーアシスト機能 カーブの多い山道や高速道路などで、安心感のある滑らかなコーナリングを実現するために、ドライバーのハンドル操作やアクセル/ブレーキ操作からドライバーの意図を読みとり、走行状況に応じて適切に四輪それぞれのブレーキやエンジントルクをVDCシステムを用いて制御します。例えば、思った以上にカーブがきつかった時、ハンドルの切り増しに合わせてブレーキやエンジントルク制御を行うことで、タイヤの能力を適切に利用でき、意のままにコーナーを駆け抜けることができます。
横滑り防止機能 各種センサー(舵角、ブレーキ圧力、車輪速、ヨーレイト、横G)により、ドライバーの運転操作や車速などを検知し、ブレーキ圧やエンジン出力を自動的に制御。滑りやすい路面やコーナリング、障害物を回避する際に発生する横滑りを軽減し、車両の安定性を向上させ、走行時の安心感を高めます。
ブレーキ効き感向上機能 走行状態に応じて、ドライバーの踏力に対する制動力を補正することにより、ドライバーの意思を反映するように「効きが良い」と感じられるブレーキフィールを提供します。
●左右制動力配分機能 ブレーキング時にカーブに応じて各輪制動力を配分制御することで、安心感のある滑らかな制動ができるようになります。


VDC(技術開発の取り組み)

 

クリップ

ドライブモードセレクター

ドライブモードセレクター

シーンや好みに合わせてさまざまなシーマの走りが楽しめる車両統合制御システムです。モーターやエンジン、トランスミッションといったパワートレイン、先進技術のECOペダル、コーナリングスタビリティーアシスト機能などを統合して制御。STANDARD、ECO、SPORT、SNOWの4つのモードをご用意しました。


●STANDARDモード  エコ+ストレスフリーの走り。モーター走行領域を広めながら、エンジン始動時には燃費効率のよい回転数を選択。

●ECOモード  エコドライブのレベルを最大に。スムーズな発進、安定した巡航など、燃費向上を最大限に狙った特性に切り替えます。

●SPORTモード  ワインディングなどで気持ちよい走りを実現するモードです。パワートレインのレスポンスを高め、より高揚感ある走りを実現します。

●SNOWモード  滑りやすい路面にあった駆動力を自動的に調整するモード。雪道や濡れた路面からの発進や走行を容易にします。

クリップ

関連情報

見積りシミュレーション
見積りシミュレーション
カタログ請求
カタログ請求

インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)

インテリジェントペダル(ディスタンスコントロールアシスト)のシステム構成

車両前部に設置したレーダーセンサー(インテリジェントクルーズコントロールと共用)で算出される先行車との車間距離や相対速度に応じてブレーキを制御するとともに、アクセルペダルを踏んでいる場合には、アクセルペダルを駆動する、アクセルペダルアクチュエータにより、アクセルペダルを押し戻し、ドライバーがアクセルを戻す操作を支援します。システムは、ステアリングにあるスイッチでONにできます。


back
先進装備
  • not_current_page
  • current_page

シーマ Webカタログ

Webカタログ トップ

このクルマの魅力

エクステリア

インテリア

グレード・価格

機能・快適性

ナビ・オーディオ・ETC

走行性能

環境・安全・品質

スペック・標準装備

オプションパーツ

ダウンロードコンテンツ

(過去に閲覧したページ)