00

NISSAN INTELLIGENT MOBILITY

日産は「ニッサン インテリジェント モビリティ」という取り組みを通して、クルマを未来へと導きます。

最先端の技術は、クルマを単なる移動の道具から、あなたをワクワクさせる存在に進化させます。

たとえば、完全な自動運転ができるクルマも、走りながら充電ができる電気自動車も、

夢の話ではありません。そう、クルマの未来は、すぐそこまで来ています。

クルマと一緒なら、あなたの時間は、より自信にあふれ、よりつながり、より楽しいものに変わります。

そして、今からあなたが手にする日産のクルマにも、“未来”はカタチづくられているのです。

日産の先進技術 NISSAN Advanced Technology

プロパイロット パーキング (ProPILOT Park)

駐車に必要なすべての操作をシステムが自動で制御し、駐車を支援する技術。

詳細情報を見る詳細情報を見る 閉じる閉じる

3ステップの操作だけで駐車完了するまでドライバーをアシスト。
ステアリング、アクセル、ブレーキ、シフト、さらにパーキングブレーキまですべて制御。
道路脇の縦列駐車も、ショッピングモールの並列駐車も、車庫入れなどさまざまな駐車スペースで、
まるでクルマ自身に知能があるかのように作動。駐車の常識が変わります。
※機能には限界があります。必ず安全を確認してご使用ください。

Line Up

※プロパイロット パーキングはドライバーの駐車操作を支援するためのシステムであり、安全運転を行う責任はドライバーにあります。
通常の駐車操作と同様に周りの状況をミラーや目視で直接確認し、周囲の車両や障害物、人などに接触しそうな場合は
ブレーキを踏んで車両を停止するなど、常に安全運転を心がけてください。
※周囲の障害物等の状況によっては、駐車完了までアシストできない場合があります。
※乗車人員、積載量、空気圧等の車両状態や、勾配などの路面状態により、駐車枠が正しく認識されず、目標駐車枠に対して実際の駐車位置に
ズレが生じる場合があります。
※天候や駐車枠の状態などの周辺環境によっては、駐車枠を自動検知できない場合があります。駐車枠を自動検知できない場合でも、
マニュアル操作で設定することも可能です。
※プロパイロット パーキングの操作方法や重要な注意事項などが記載されていますので、ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。
※プロパイロット パーキングの設定条件は、グレード別設定となります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

インテリジェント パーキングアシスト

駐車時にステアリングをシステムが自動で制御し、駐車を支援する技術。

詳細情報を見る詳細情報を見る 閉じる閉じる

駐車枠を指定するだけで、ハンドリングをサポートし、枠の中への駐車をスムースにします。
車庫入れにも縦列駐車にも対応。セットは、インテリジェント パーキングアシスト専用の
起動スイッチを押して、簡単な操作を行うだけです。

Line Up

※インテリジェント パーキングアシストはドライバーの安全運転を補助するものであり、
システムの能力には限界があります。天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、
システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認など、
安全運転を心がけてください。
※乗車人員、積載量、空気圧などの車両状態や、勾配などの路面状態により、目標駐車枠に対して
実際の駐車位置にズレが生じる場合があります。
※自動で障害物を回避する機能はありません。車両の操作をするときは周囲の安全をミラーや目視で直接確認し、
適切な運転操作を行ってください。
※作動には一定の条件があります。機能の詳細は取扱説明書をご確認ください。
※インテリジェント パーキングアシストの設定条件は、車種・グレードにより異なります。
またはメーカーオプション設定となります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

インテリジェント アラウンドビューモニター (移動物 検知機能付)

上から見ているかのような映像によって、周囲の状況を知らせる。

詳細情報を見る詳細情報を見る 閉じる閉じる

空から見ているような視点でクルマの周囲が確認できるモニター。
クルマの真上から見ているかのような映像によって、周囲の状況を知ることで、
駐車を容易に行うための支援技術です。クルマの真横や斜め後ろなど、
目の届きにくいところも気付くことができるのです。

Line Up

※インテリジェント アラウンドビューモニターはドライバーの安全運転を補助するものであり、システムの能力には限界があります。天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、
システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認など、安全運転を心がけてください。
※モニターにて確認できる範囲には限界があり、カメラ位置より高い物体は表示されません。必ず車両周辺の安全をミラーや目視で直接確認してください。
※車両上方から見下ろしたような映像にはつなぎ目があり、物やクルマが不連続になるとともに高さのある物体は表示されないことがあります。また、クルマが倒れこみ、実際の位置より遠くに表示されることがあります。
※MOD(移動物検知)機能は自車周辺の移動物をドライバーにお知らせすることで、安全確認をサポートする機能です。
すべての移動物を検知できるわけではありません。
また、静止している物は検知できません。車両の操作をするときは、周囲の安全をミラーや目視で直接確認してください。
※作動には一定の条件があります。機能の詳細は取扱説明書をご確認ください。
※インテリジェント アラウンドビューモニターの設定条件は、車種・グレードにより異なります。またはメーカーオプション設定となります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

RCTA(後退時車両検知警報)

後退時に後方を通過する車両を検知し、ドライバーに注意を促す技術。

詳細情報を見る詳細情報を見る 閉じる閉じる

後退時、後方を横切ろうとする車両を検知すると、
警告音でドライバーに注意を促します。 
外出先の駐車場など、後ろが見えにくい場所での安全確認をサポートします。 

Line Up

※ドライバーの代わりに周囲を確認したり、車両と障害物との接触を防いだりする機能ではありません。駐車スペースから後退するときは、機能に頼らず、必ずドライバー自身で周囲の安全を確認してください。シフトポジションがRで、自車車速約8km/h以下のとき作動します。約20m先から近づいてくる車両を検知します。
※システムの能力には限界があります。天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認など、安全運転を心がけてください。
※作動には一定の条件があります。機能の詳細は取扱説明書をご確認ください。
※RCTA(後退時車両検知警報)の設定条件は、車種・グレードにより異なります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。