00

NISSAN INTELLIGENT MOBILITY

日産は「ニッサン インテリジェント モビリティ」という取り組みを通して、クルマを未来へと導きます。

最先端の技術は、クルマを単なる移動の道具から、あなたをワクワクさせる存在に進化させます。

たとえば、完全な自動運転ができるクルマも、走りながら充電ができる電気自動車も、

夢の話ではありません。そう、クルマの未来は、すぐそこまで来ています。

クルマと一緒なら、あなたの時間は、より自信にあふれ、よりつながり、より楽しいものに変わります。

そして、今からあなたが手にする日産のクルマにも、“未来”はカタチづくられているのです。

日産の先進技術 NISSAN Advanced Technology

プロパイロット2.0 (ProPILOT 2.0)

同一車線内でのハンズオフドライブを可能にしただけでなく、追い越しや分岐を含めて、高速道路の出口まで一貫したドライブアシストを実現。

詳細情報を見る詳細情報を見る 閉じる閉じる

高精度地図データと360度周囲センシングによって
同一車線内のハンズオフが可能となり、ドライバーの運転操作を幅広くサポート。
さらに前方車の速度に応じて、システムが追い越しを提案。
ハンドルに手を添えスイッチを押すだけで車線変更を支援します。

Line Up

※プロパイロット 2.0は自動で運転する装置ではありません。ドライバーは周囲の状況や車両の動作に常に注意し、
確実にハンドル、ブレーキ、アクセルを操作し、安全な運転を行う責任があります。また、プロパイロット 2.0は、側方にいる車両に反応しません。
※システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、
天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。
※合流部、カーブを走行するとき、また大型車両が隣の車線を走行しているときは特に周辺車両に注意し、必要に応じてハンドル操作をしてください。
※ドライバーが常に前方に注意して道路・交通・自車両の状況に応じ直ちにハンドルを確実に操作できる状態にある限りにおいて、
同一車線内でハンズオフが可能となる運転支援システムです。
※対面通行路、トンネル内、急なカーブ路、料金所・合流地点及びその手前などでは、ハンズオフできません。
※ハンズオフができない区間に入るときにはシステムが事前にドライバーに報知するので、ドライバーはハンドル操作をする必要があります。
※プロパイロット 2.0の設定条件は、グレードにより異なります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

プロパイロット(ProPILOT)

高速道路同一車線内走行時に、ステアリング(ハンドル)、アクセル、ブレーキをシステムが自動で制御し、運転操作を支援する技術。

詳細情報を見る詳細情報を見る 閉じる閉じる

渋滞のイライラやロングドライブのストレスを軽減し、もっと運転が楽しく、
もっと家族との時間が楽しくなります。

Line Up

※プロパイロットは高速道路や自動車専用道路で使用してください。プロパイロットはドライバーの運転操作を支援するためのシステムであり、
自動運転システムではありません。安全運転をおこなう責任はドライバーにあります。
※わき見運転やぼんやり運転などの前方不注意および雨・霧などの視界不良による危険を回避するものではありません。
先行車との車間距離、車線内の位置、周囲の状況に応じてアクセル、ブレーキ、ハンドルを操作するなどして、 常に安全運転を心がけてください。
※システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、
天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。
※プロパイロットの操作方法や重要な注意事項などが記載されていますので、ご使用前に必ず取扱説明書をお読みください。
※プロパイロットの設定条件は、車種・グレードにより異なります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

インテリジェント クルーズコントロール(ICC)

アクセル、ブレーキを制御して先行車との車間を保ちながら走行する技術。

詳細情報を見る詳細情報を見る 閉じる閉じる

先行車を検知している場合、ドライバーが設定した車速(約30~100km/h)を上限として、
停止~約100km/hの範囲で先行車との車間を保つよう追従走行。つねに車速を制御してドライバーの
負担を軽減するとともに、快適な走行を提供します。

Line Up

※インテリジェント クルーズコントロールは高速道路や自動車専用道路で使用してください。
※脇見運転やぼんやり運転などの前方不注意および霧などの視界不良による危険を回避するものではありません。
先行車との車間距離、周囲の状況に応じてブレーキペダルを踏んで減速するなどして車間距離を確保し、安全運転に心がけてください。
※インテリジェント クルーズコントロールの性能には限界がありますので、システムだけに頼った運転はせず、常に安全運転を心がけてください。
※作動には一定の条件があります。機能の詳細は取扱説明書をご確認ください。
※停止後はブザー音とともにシステムを解除し、クリープ走行に移行します。
※インテリジェント クルーズコントロールの設定条件は、車種・グレードにより異なります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム) & LDW(車線逸脱警報)

走行車線からの逸脱を警告&防止支援する技術。

詳細情報を見る詳細情報を見る 閉じる閉じる

LDW(車線逸脱警報)は、意図せず走行車線を逸脱しそうな場合、メーター内の表示と
警報音で注意喚起。さらに、インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)が車線内に
戻す方向に力を短時間発生させ、ドライバーがクルマを車線内に戻す操作を促します。

Line Up

インテリジェント LI/LDW搭載

LDWのみ搭載

※インテリジェント LI(車線逸脱防止支援システム)&LDW(車線逸脱警報)はドライバーの安全運転を補助するものであり、
あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。
※システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、
天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。
※作動には一定の条件があります。機能の詳細は、取扱説明書をご確認ください。
※LDWは約60km/h以上で作動します。
※LDWは、一部の車種でグレード別設定、またはメーカーオプション設定となります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム) +BSW(後側方車両検知警報)

後側方の死角に潜む接近車両を検知し衝突を回避するようハンドル操作をアシストしてくれる技術。

詳細情報を見る詳細情報を見る 閉じる閉じる

死角になりやすい隣接レーンの後側方車両を検知すると、
サイドミラーのインジケーターでお知らせ。 
気づかずにウインカーを作動させた場合には、警告音と表示で注意を喚起。
さらに車線変更を開始してしまった場合には、車両をもとの車線内に戻す力を発生させ、
接触を回避するようにハンドル操作をアシストします。

Line Up

インテリジェント BSI/BSW搭載

BSWのみ搭載

※インテリジェントBSI(後側方衝突防止支援システム)&BSW(後側方車両検知警報)は、ドライバーの安全運転を補助するものであり、あらゆる状況での衝突を回避するものではありません。
※インテリジェントBSI/BSWは、ドアミラーによる周囲の検知を代わりに行ったり、車両や障害物との接触を防ぐ機能ではありません。車線変更を行うときは、機能に頼った確認をせず、
必ずドアミラーおよびルームミラーで側方および後方の安全を確認してください。BSWは車速約30km/h以上、インテリジェント BSIは約60km/h以上で走行中に作動します。
検知範囲は、自車両のドアミラーからリヤバンパーの後方約3m、車両の側面から横方向に約3mです。レーダーセンサーおよびカメラには限界がありますので、
機能を過信しないでください。条件によって、車両が検知できない場合があります。機能のON/OFFを切り替えることができます。
※システムの能力には限界があり、天候や路面状況などによっては作動しないことがありますので、システムだけに頼った運転はせず、
天候や路面状況に合わせた運転、周囲の車両・歩行者の確認、十分な車間距離の確保など、安全運転を心がけてください。詳しくは取扱説明書をご覧ください。
※インテリジェントBSI/BSWの設定条件は、車種・グレードにより異なります。詳しくはカーライフアドバイザーまでお問い合わせください。

自動運転技術 Autonomous Driving Technology

MOVIE

クルマが自らをコントロールすることで、ドライバーをサポートする。それが自動運転技術。
これからは、人とクルマが一心同体のパートナーになる時代。
難しい駐車をゼロに。事故をゼロに。渋滞のストレスもゼロに変えていく。
あとは思う存分ドライブを楽しむだけです。